2018年7月 津・鳥羽・伊勢の旅 全記事まとめ

2018年7月12日から16日まで、全日本クラブ卓球選手権の応援を兼ねて行ってきた、津・鳥羽・伊勢観光の全記事まとめです。

毎年この時期は酷暑なのですが、今年もご多分に漏れず、かなりの暑さでした。

東京駅を出発

▲八重洲桜通りです。

メトロ東西線日本橋駅から地上を歩きました。

少しでも木々があると涼しく感じますね。

▲ぼくの旅の鉄則は「行きはゆっくり、帰りは早く」です。

行きは行程自体を楽しみたいと思っています。

ぷらっとこだまを利用してのんびりと名古屋まで向かいました。

のぞみで行くより1時間余計にかかりますが、それぞれの駅の雰囲気を味わえます。

料金は2,500円ほど安く、ワンドリンクチケットも付いていてお得です。

名古屋駅で乗り換え

▲名古屋駅の待合室のスタバでコーヒーを買いました。

平日(木曜)なのでビジネスパースンがいっぱいです。

▲快速みえに乗ります。

▲気温は33℃です。蒸し暑さを感じます。

津駅に到着

▲50分ほどで津駅に到着しました。

ひらがなで書くと「つ」で、1画で書けて世界一短い駅名と言われています。

乗車券はぷらっとこだまの名古屋駅の分までしか持っておらず、差額をSuicaで払おうと思っていたら、なんとICが使えない!

クレジットカードも使えず現金のみの扱いでした。

津駅は近鉄の乗降客の方が圧倒的に多く、JRの利用者は少ないようです。

サオリーナ

試合前日の練習のため、津駅からレンタカーにてサオリーナに移動しました。

巨大できれいな体育館でした。

空調完備なので快適に過ごせました。

津の宿泊

APOA(アポア)ホテル津に4連泊しました。
アパホテルと間違えそうな名前です。

津の飲食店

津では20名近くの団体で行動していたので、ほとんどの夜は便利で無難なチェーン居酒屋を選択しました。

全国チェーンではなく、行ってよかった2軒を紹介します。

初日に2次会で使いました。

4日目に行って肉料理とエビスビールを堪能しました。

鳥羽観光

津2日目は遅くまで試合観戦でした。

3日目は朝から鳥羽に行きました。

▲近鉄特急に乗ります。

▲車内は冷房ががんがん効いていて寒いくらいです。

▲30分弱で鳥羽駅に到着しました。

▲近鉄とJRが同じ駅に乗り入れています。

ミキモト真珠島です。外から眺めただけで入場はしませんでした。

▲鳥羽のリゾートホテル群が見えます。

お昼にはTOBAパールタウンの「いせえび」で伊勢えびと定食を食べました。

昼食後鳥羽湾めぐり観光船に乗り、イルカ島に行きました。

船を降りたあとは鳥羽水族館に行きました。

外は猛暑でしたが水族館の中は涼しく避暑になりました。

伊勢観光

津5日目の最終日は伊勢観光です。

伊勢のお参りの順番は二見興玉神社(夫婦岩)→外宮→内宮と言われていますが、今回は夫婦岩と内宮のみの観光になりました。

まずは夫婦岩から。蛙の像が象徴的でした。

そして伊勢神宮内宮へ、今回のメインイベントですが、あまりにも暑すぎてただ歩いただけになってしまいました。

内宮を出たあとは「ゑびや」で伊勢のグルメを満喫しました。

ここですっかり時間をつぶしてしまい、外宮には行けませんでした。

また次回にとっておきます。

このあとレンタカーを返したあと、17時16分発近鉄特急で伊勢市駅から名古屋まで行き、19時2分発ののぞみで帰京しました。

まとめ

酷暑の2018年7月、津・鳥羽・伊勢観光は、試合観戦と並行しながらの旅でしたが、代表的な観光地を巡ることができて有意義な旅でした。

旅行から帰ってからは、例年のごとく体調を壊してしまいました。

連夜の飲みと、暑さがこたえたのでしょう。

また来年夏の旅が楽しみです。