サオリーナに行ってきた 津インター近くにそびえる新築 快適な巨大体育館

2018年7月12日、津に着いてすぐ、練習のため、全日本クラブ卓球選手権の会場であるサオリーナに行きました。

サオリーナは2017年10月にオープンしたばかりのきれいで巨大な体育館です。

津市出身の吉田沙保里選手の名前にちなんでいます。

同敷地内には、メッセウイング・みえという展示ホール、三重武道館があります。

開会式には市長、県知事が挨拶に来られて、この体育館に対する思い入れを熱く語っていました。

2018年には高校総体、2020年には全国中学校体育大会、2021年には国体と、全国レベルの大会の開催が予定されています。

外観

▲敷地内には広大な駐車場があります。

近くにバス停はありますが、それほど本数は多くないので車でないと不便です。

▲入り口です。

館内

▲広くで全体が見渡せるロビーです。

▲吉田選手のメダルのレプリカなどの展示コーナーがあります。

▲メインアリーナです。

フロア、観客席が広く、天井が高いです。

外は33℃ほどでしたが、空調がしっかり効いています。

観客席は場所によっては寒いと感じるほどでした。

食事どころ

サオリーナ内にれっどらいん厨房というレストランが入っています。

近くにコンビニや食堂はまったくありません。

▲大会期間中は、甘たれからあげと松阪バーガーの屋台が出ていました。

まとめ

津のサオリーナは、2017年にオープンしたばかりの新しくきれいで巨大な体育館です。

〇〇県総合体育館というような施設名に比べて、サオリーナという名称は記憶に残ってよいと思いました。

今後全国レベルのスボーツイベントが予定されています。