夫婦岩を間近で見た 二見興玉神社 蛙の像が面白い 2018年7月伊勢観光

2018年7月16日、三重県津滞在最終日は、伊勢観光に行きました。

まずは夫婦岩(めおといわ)から。

夫婦岩は二見興玉(おきたま)神社から見ることができます。

伊勢神宮への正しい参拝ルートは、まずこの二見興玉神社に参拝してから外宮→内宮とまわるとされています。

アポアホテル津をチェックアウトして、津駅で、伊勢市から名古屋までの近鉄特急の切符を買い、9:30に津駅前を出発しました。

行程

レンタカーで津駅前を9:30に出発し、伊勢自動車道経由で約1時間後に、二見興玉神社に到着しました。

二見興玉神社に到着

▲猿田彦太神を祭っていると書かれています。

▲鳥居のあたりはすぐ海です。

▲夫婦岩の由緒が書かれた案内板です。

▲海沿いの参道を歩いていきます。

▲手水舎に蛙の像が3体並んでいます。

水(願)受け蛙と書かれています。

この下の水の中にも蛙の像が2体おり、こちらは満願蛙と書かれていました。

縁結びの神様だそうです。

▲お参りもそっちのけで夫婦岩に見とれてしまいました。

▲本殿を通り過ぎて少し歩くと、かなり近くまで寄ることができます。

まるはまでサザエつぼ焼きと焼きあさりを食べる

あまりにも暑く、小腹も減っていたので、焼きあさりの香ばしい匂いにつられて神社のすぐ近くにあるまるはまに入りました。

 

▲焼きあさり。

▲伊勢うどん。

まとめ

二見興玉神社は蛙の像が象徴的なパワーの感じられる神社です。

夫婦岩を間近で見ることができて、伊勢が海の近くにあると感じられるスポットです。