糖質制限でも行けるラーメン店 まとめ 2018-2019

糖質制限実施者にはうれしいことに、低糖質対応のラーメン店が増えてきています。

通常のラーメンの糖質量は60g-80gくらいです。

しかし、麺をこんにゃく麺に変えたり、麺を豆腐や肉に変えることで、30g程度またはそれ以下の低糖質なメニューに工夫してくれている店が増えてきています。

糖質制限をしていると、小麦粉に対する誘惑は感じなくなってくるので、麺は食べたいとは思いませんが、ラーメンのスープは食べたくなるときがあります。

そんなときに低糖質対応ラーメン店はありがたい存在です。

2018年12月現在、都内で低糖質ラーメンを食べられるお店を紹介します。

舎鈴(しゃりん)

つけ麺の代わりにつけ肉という、豚肉をたっぷりと味わえるメニューです。

2018年6月30日以降は八重洲店のみの提供になりました。

AFURI

全メニューを無料でこんにゃく麺に切り替えられるありがたいお店です。

白だしを使っているというこんにゃく麺は、歯ごたえはよく、こんにゃくの味がせず、スープによくからみます。

壱角家

家系のこってりスープを麺なしで野菜の具だけで楽しめます。

リンガーハット

こちらも麺なしでたっぷり野菜の具だけで楽しめます。

立川マシマシ

有名な次郎インスパイヤ系ラーメン店です。
麺の代わりに豆腐1丁という豪快さがたまりません。

一風堂

白丸豚骨豆腐というメニューを一部店舗のみで扱っています。

まとめ

2018年12月現在、低糖質対応のラーメン店を紹介しました。

またほかにもあると思いますので、これからも開拓していきたいと思います。