王皓(ワンハオ) Wang Hao テクニック動画⑩ 解説 サーブ3球目 フォアハンド攻撃

王皓(ワンハオ)選手のテクニック動画の解説を翻訳してみました。

シリーズ第10回 サーブ3球目

(注)必ずしも正しい翻訳であるかどうかは保証できません。おかしいと感じた場合は、原文を参照してください。

Serve and Attack Initiating Forehand Attack

フォアハンドの3球目攻撃

Depending on the bouce height of your opponent’s push
相手のレシーブのバウンドの高さによりますが、

If it goes to your forehand position
もしレシーブがフォア側にきたら

I think you have to loop at the right side of the ball
私はボールの右側をこすってドライブしなければならないと思います

wrapping around the ball
ボールをこすることで

Level of insurance (of returning the shot) is higher
ショットの安定性のレベルは高くなります

If your opponent pushes to your backhand position
相手がバック側にレシーブしてきたら

slightly towards middle of the court
少しコートの真ん中よりであれば

It might be better to loop from the left side of the court
その方がコートの左側からドライブするのによりよいでしょう

This way, trajectory
このように軌道は

If it’s from the right
もしそれが右側からなら

it will go wide, like it’s running away from the table
台から離れて逃げていくように広角になるでしょう、

If it’s from the left side
もし左側からなら

If you loop across after you side step
もし横にステップしたあとに、クロスにドライブすれば

the trajectory that it travels across the table is very big
台をクロスして横切る軌道はとても大きくなります

It’s still about the legs
足についてです

then eventually using the waist
また、腰を使って

then lmmediately to the hand
その後ですぐに手を使います

Actually the hand does not exert much force
手では大きな力を発揮できません

You rely mainly on the legs and waist
足と腰が主な役割です

to propel the forearm
前腕を推進するため

to propel the upperarm
上腕を推進するため

If you use only your arm, your hand to strike
もし手や腕だけを使って打とうとすれば

Perhaps you won’t be hitting at your hardest
おそらく最大限に強く打つことはできないでしょう

まとめ

今回の解説で参考になっかのは、フォア側から打つときはボールの右側をドライブするという点です。

広角な軌道を生み出すだけでなく、安定性も高くなります。

また、手で打つのではなく、足と腰を使うと強調していることも参考になりました。

王皓はバック側からフォアハンド3球目攻撃をするのはあまり見たことはありませんが、フォアハンドのバッククロスでもクロスの軌道を重視していることがわかりました。