王皓(ワンハオ) Wang Hao テクニック動画⑨ 解説 台上バックハンド裏面ループ

王皓(ワンハオ)選手のテクニック動画の解説を翻訳してみました。

シリーズ第9回 台上バックハンド裏面ループ

チキータと呼ばれる技術です。

本文では原文に忠実にループと訳していますが、ループをチキータと解釈していただくのが妥当です。

(注)必ずしも正しい翻訳であるかどうかは保証できません。おかしいと感じた場合は、原文を参照してください。

Over-the-table Backhand Loop from Forehand position

フォアサイドからの台上バックハンド裏面ループ

To backhand-Loop from the forehand position
フォアサイドからバックハンド裏面ループをするためには

with your right foot, right leg
右足で

move your center of gravity to the right
右に重心を移します

SInce you′re returning the serve from the right side of the court
コートの右側からサーブを返球するとき

You have to move your center of the gravity over
重心を移さなければなりません

to be able to exert force
そうすれば力を加えることができます

If the serve goes to your backhand position
もしサーブがバック側に来たら

You can stand slightly towards the middle
少し真ん中よりに位置を取ります

You don′t have to shift your centre of gravity much
重心はそれほど移す必要はありません

This enables you to better
このことで

exert power from the backhand position
バック側からパワーを引き出すことができます

Don′t be afraid to drop your wrist
手首を下に曲げることを恐れないでください

Dropping the wrist like this
このように手首を落とします

Contact the ball and guide it forward
インパクトしたら、手首を前に向けます

It′ll be more powerful
そうすればより多くパワーが出ます

and very skinny too
そして回転量も増えます

There′s an option to impart side-back spin
横下回転を与えるオプションもあります

Sometimes, depending on the opponent′s serve
相手のサーブによっては

You can loop into a backspin or into side-spin or into topspin
下回転、上回転、横回転のループをすることができます

If you want to loop into a backspin
もし下回転のループをしたいときは

You should contact the ball at your lower left area
ボールの左下にコンタクトするべきです

It will result in a backspin shot
そうすれば下回転になります

If you want to loop into a topspin
もし上回転のループにしたいときは

transfer your weight to the right
体重を右に移して

Contact the ball slightly towards the area at the right
ボールの少し右側にコンタクトします

解説者のコメント

Ma Kaixuan マ・カイシュアン(写真の解説者)

Over-the-table backhand loop from the forehand position
フォア側からの台上バックハンドループは

requires footwork
フットワークが必要です

that goes: Left foot up, right foot up
左足を上げて、右足を上げます

Transition into the next shot by taking one step back
次のショットに移行するためには、一歩後ろに下がります

Wang Hao basically strikes at the peak of the bounce
王皓は基本的にバウンドの頂点で打球します

The support of the elbow is even more obvious
肘のサポートが明らかに必要です

the elbow goes to the extent of pointing diagonally
肘は対角線上を指します

まとめ

今回の解説で一番参考になっかのは、右足に重心を移すということです。

これはチキータのときだけでなく、裏面を打つ時すべてに共通することだと感じました。

実際に右足体重で裏面を打つようにしてから、安定するようになっています。

また、下回転に対するループと同様に手首を使うことを強調しています。

最初のグリップの解説では、手首は使いすぎてはいけないと語っていたのとは対照的です。

下回転に対するループ、チキータだけは手首を使い、それ以外の打法では手首は使わないと区別しようと思います。