王皓(ワンハオ) Wang Hao テクニック動画⑤ 翻訳 フォアハンドサーブ

王皓(ワンハオ)選手のテクニック動画の裏面バックハンドのグリップの解説を翻訳してみました。

シリーズ第1回、フォアハンドグリップはこちら。

(注)必ずしも正しい翻訳であるかどうかは保証できません。おかしいと感じた場合は、原文を参照してください。

The Penhold Forehand Serve ペンホルダーのフォアサーブ

The Penhold Forehand Serve ペンホルダーのフォアサーブ

At the moment of contact
インパクトの瞬間

There’s a element of concealment
隠す要素があります

When you contact the ball
ボールに接触する時

The hand makes a feint
手でフェイントモーションを入れます

Next It’s about placement
次にプレースメントです

As long as it does not go long
長くならない限りは

A serve that does not bounce very close to net
ネットに近すぎないようにバウンドさせるサーブ

If it’s too close to the net
もし、バウンドがネットに近すぎると

It could either graze the net
ネットにかかるか

or it could just go too long most of the time
または大体は長すぎてしまうでしょう

So to serve a topspin, side-top,or side-back spin
上回転、横上、横下回転を出すためには

The movement of your hand
手の動きは

When you raise it
手を上げるとき

There should be a feint move
フェイントモーションがあるべきです

The main thing is
大事なことは

Sometimes for a side-top serve
横上ではときどき

There is this direct hook
ダイレクトにこすりますが

But sometimes
場面によっては

Like if I were to serve a side-top spin
横上回転を出すときに

And include a feint move before I hook-brush upwrads
上方向にこする前にフェイントモーションを入れます

So that when the opponent first contacts the ball
すると対戦相手はインパクトするときに

He’d think it’s backspin
それは下回転だと思うでしょう

But it’ll turn out to be a topspin upon contact
しかしボールを打ってからそれが上回転であることがわかります

解説者のコメント

Ma Kaixuan マ・カイシュアン(写真の解説者)

Compared to the shakehand grip
シェークハンドのグリップに比べて

The penhold carries a big advantage
ペンホルダーは大きなアドバンテージを持っています

It allows for a flexible racket angle variation
ラケット角度の様々なバリエーションがあります

The fingers are able to exert significant strength during the forehand serve
フォアサーブの間、指は大きな力を発揮することができます

The index finger particulaly
人差し指が特に

Along with the middle finger,at the point of contact
中指と一緒に、インパクトの瞬間に力を発揮します

The manner in which they handle the ball
ボールを手で扱うのと同じように

The feel of the energy being transmitted onto the ball
エネルギーの感覚がボールに伝わります

One thing to note is center of gravity
一つの注意すべきことは重心です

Let it lead your waist
それを腰に導き

To drive your back swing
バックスイングを稼働させ

Next,during the back swing
次にバックスイングの間

As you are about to make you move
動き出そうとするまさにそのとき

Before contacting the ball
インパクトの前に

The wrist must be drawn away from the body
手首は体から離れて引っ張られなければなりません

So that when you snap downwards and forwards
上と前に切るとき

Contact of the ball can thus be done with focused power
このように集中された力でボールに接触します

まとめ

王皓のフォアサーブは、巻き込みサーブと同様に横上と横がメインのようです。

横上であっても、横下に見えるようなフェイントを加えていることがわかりました。

そしてフェイントはインパクトの前に行っています。

フェイントは、インパクトの後に加えるのが主流ですが、インパクト前のフェイントも今後意識していきたいと思いました。