王皓(ワンハオ) Wang Hao テクニック動画② 解説 バックハンドグリップについて

王皓(ワンハオ)選手のテクニック動画の裏面バックハンドのグリップの解説を翻訳してみました。

シリーズ第一回、フォアハンドグリップはこちら。

(注)必ずしも正しい翻訳であるかどうかは保証できません。

おかしいと感じた場合は、原文を参照してください。

Grip グリップ

Grip For Backhand Attack バックハンド打法のグリップについて

The backhand is executed compared to forehand
フォアハンドに比べてバックハンドは

The index finger probably wraps around slightly tighter
おそらく、人差し指を少し強めに巻きつけます

This makes the power of the backhand
これによりバックハンドのパワーが生み出されます

The forward guiding power is driven by the index finger
前へ方向付けるパワーは人差し指から生まれます

The same can be said for the reverse side
同じことが裏面についても言えます

2 fingers pressed against the racket
2本の指がラケットを抑えます

Pressed against it but the focus is in front
しかし重要なのは表面です

The thumb slightly controls the racket face
親指は薄くラケット面をコントロールします

The index finger provides the main driving force
人差し指が主な動力源です

The index finger allows the forward guiding motion the most
人差し指が前方方向への動きを最もサポートします

I think the main things is
最も重要だと思うことは

I’ve seen a lot of amateur players including players who are just picking up reverse pen hold
裏面を始めたばかりの人を含むアマチュアプレイヤーを多く見てきましたが

They tend to move their wrist too much
彼らは手首を使おうとしすぎです

Emphasis should be on the elbow
強調すべきは肘です。

It acts as a pivot to propel the forearm and the wrist
肘は前腕と手首を動かす軸となります

Once this area is stabilized the motion will become stabilized too

この領域が安定すれば、動きも安定します
So when you exert power and eventually increase your shot quality will be stabilized
あなたがパワーを出せば、結果的に打球の質と安定性が増します

It won’t be
そうならないのは

It seems some players flicking their wrist excessively
手首を過度に使いすぎるプレイヤーです

And opening up this area too much
そしてこの領域を開きすぎます

You need to rely on this area to act as a fulcrum to lock it down
てこの支柱のように固めて動かすことで、この領域に頼るべきです

When you’re exerting power
パワーを出すときに

When opportunity arises rotate the legs and the waist
足と腰の回転の機会が生じます

But you still need to rely on this part
しかし、それでもこの領域に頼るべきです

Rely on the elbow to act as a fulcrum
てこの支柱のように動かして肘に頼る

During exertion of power, bring it forward
パワーを発揮しながら、それを前に出す

Also, the 2 fingers behind
2本の指もしかり

Because you need the 2 fingers pressing down to provide power
パワーを生み出すために、2本の指で抑えることが必要です

More strength is exerted at these 2 areas
これらの2つの領域でもっと強さが出ます

After all, with the help of the index finger the racket face wold be fixed
結局、人差し指を使うことで、ラケット面が固定されます

Becase with your fingers pressed against the racket including the hook around here
この辺りを引っ掛けるようにしてラケットを抑えます

You can’t alter the back of your hand even if you wanted to
もしそうしたくなっても、手の甲の向きを変えてはいけません

It’ll naturally come to this
自然にこのようになります

Ma Kaixuan マ・カイシュアン(写真の解説者)

The technique for reverse pen hold backhand
ペンホルダーの裏面バックハンドのテクニックは

We recommend everybody to start from driving and blocking
私たちは、ドライブとブロックからスタートすることを勧めています

The make-up of Wang Hao’s technique is very simple
王皓のテクニックの身につけ方はとてもシンプルです

His actions are full the elbows provides support by facing outwards
王皓の動きは全て肘が外側を向いてサポートしています

And appropriate support and it must be very stable
適切なサポートであり、とても安定しているに違いありません

Wang Hao’s backhand drive and block
王皓のドライブとブロックは

He uses a rather open racket angle
ラケットの角度をむしろ開き気味にしています

In this way it aids in establishing the touch in your hand and makes it easier to hit harder
こうすることで、手が触れる感覚を助け、強く打つことを容易にしています

まとめ

手首は固定したまま、肘をテコの支点にして打つ。

これが王皓の裏面打法の真髄であるとわかりました。

今までは、動画だけを見て、解説を読んでいなかったので、僕は手首を使って打球していました。

だから、打つポイントが外れるとミスが出てしまっていました。

動画だけを見ると手首は動いているように見えるのです。

しかし、固定している意識を持って打っているが、手首は自然に動いているというのが実際なのでしょう。

卓球王国2018年6月号に愛工大出身でフジ所属の加藤選手の裏面が紹介されていますが、全く同じことを言っています。

加藤選手は、ラケットの先端を相手に向けないと表現しています。

ラケットの角度を一定にしたまま、振ることが重要なのです。