馬越峠登山口から馬越公園まで 熊野古道 伊勢路散策

2020年2月23日、津から伊勢路 馬越峠を往復しました。

前記事からの続きです。

木々の間に整然と敷き詰められた石畳を、気持ちよく歩きました。

C5DD44B9 1777 46C8 9A09 EA194E284ECF 1 105 c - 馬越峠登山口から馬越公園まで 熊野古道 伊勢路散策

10:28に登山口を出発しました。

石畳が整然と並ぶ

木々の間をぬって、整然と並ぶ石畳の道が続きます。

この石は麓から調達したのではなく、すべて現地調達したものであると途中の看板に書かれていました。

作られた時期は不明ですが、江戸時代の1600年代前半にはすでに石畳があったことが確認されているそうです。

石畳が作られたのは、この地方が豪雨地帯であることから、道を守る、夏場に草が茂るのを防ぐ、傾斜を緩やかにする、などの理由があったそうです。

8E490563 17D8 4672 95F3 4D53C7BFD481 1 105 c - 馬越峠登山口から馬越公園まで 熊野古道 伊勢路散策

急な坂道が続く

平坦な坂道を想像していたのですが、実際に登ってみると、峠に近づくにつれ、なかなかの急坂でした。

新型コロナウィルス騒ぎの渦中で、登山客は少ないものの、2グループと、2家族を追い抜きました。

言葉のイントネーションから、ほとんどが関西の人たちでした。

5D4D128D AFF1 48AE B06B 6D9B31AFBCCC 1 105 c - 馬越峠登山口から馬越公園まで 熊野古道 伊勢路散策

馬越峠に到着

D2036F3B 5521 4295 A45E 4415AE9CF87A 1 105 c - 馬越峠登山口から馬越公園まで 熊野古道 伊勢路散策

だんだんと標高が上がってきて、景色が開けてきました。

81EC62EB 15DD 4AC3 B842 4A97670202C3 1 105 c - 馬越峠登山口から馬越公園まで 熊野古道 伊勢路散策

馬越峠は茶屋跡です。

標高は325mです。

現在は、雨宿りができる程度の小屋があるだけです。

木々が茂っていて、それほど視界は良好ではありません。

天狗倉山まで行けば、さらに雄大な景色が見られたはずですが、往復1時間はかかるので、今回は時間の関係であきらめました。

峠から公園へ向けて下る

下り道も相変わらず石畳が続きます。

下りはそれほど急な坂と感じることなく、すいすいと歩きました。

途中すれちがった人から、山伏の格好をした人が通ったと、写真を見せてもらいました。

215C0A3E 7D68 40B7 8C55 00A19B861905 1 105 c - 馬越峠登山口から馬越公園まで 熊野古道 伊勢路散策

馬越公園の展望東屋から、尾鷲市街がきれいに見渡せます。

CF9CF3BE 3D89 44AC 8960 684850A07983 1 105 c - 馬越峠登山口から馬越公園まで 熊野古道 伊勢路散策

行者堂と滝です。

F14544F5 9D53 4201 9F31 779A8DA3561B 1 105 c - 馬越峠登山口から馬越公園まで 熊野古道 伊勢路散策

巨石です。

近くまで寄りましたが、かなりでかくて圧倒されました。

もし人が一緒に写っていたらその大きさが実感できると思います。

ここから尾鷲市街への記事はこちら。