卓球の練習 心拍数を測ってみた

『一流の頭脳』を読んで、最大酸素摂取量の70%の運動が、ストレスに強くすると学びました。

最大酸素摂取量の70%は、心拍数で換算すると40代から50代の男性で130です。

Apple Watchアプリ「Heart Watch」で計測して、毎朝行なっている20分の軽いジョギングで平均127の心拍数になることがわかりました。

卓球の練習ではどれくらいの心拍数になっているか知りたくなり、Heart Watchて計測してみました。
~~

HeartWatch. Heart & Activity

360円
(2018.03.15時点)
posted with ポチレバ

試合形式の練習での心拍数

▲約2時間の試合形式の練習で計測しました。

3セットマッチで試合をして、勝ち残り、負け審判で回る形式です。

平均は106となりました。

▲グラフを見てみると、きれいに波打っています。

試合をしている時は140以上まで上がり、その後100位まで下がるという繰り返しになっています。

まとめ

卓球の練習の心拍数は試合をしている時は140くらいまで上がることがわかりました。

試合形式の練習を数多くやることで、心拍数を上げられることがわかりました。

つまり、試合形式の練習を数多くやることで、ストレスに強くなり、試合のメンタルも鍛えることができるのではないかと思いました。

次回は、基礎練習での心拍数の動きも計測して報告します。