心拍数を確認しながら運動する Heart Watch が便利 Apple Watchで計測できる

最近読んだ『一流の頭脳』に、最大酸素摂取量の70%の強度の運動で、ストレスに強くなれることが示されていました。

最大酸素摂取量は測定するのは困難なので、運動強度を示す目安として心拍数が用いられます。

最大酸素摂取量の70%とは、20代から30代で140,40代から50代で130程度となります。

今まで心拍数を気にせず、ジョギングをしていましたが、HeartWatchというアプリは以前からインストールしていたので、そのデータを確認してみました。

HeartWatch. Heart & Activity

360円
(2018.03.15時点)
posted with ポチレバ

ジョギング時の心拍数が計測される

僕はApple Watch標準アプリの「ワークアウト」を利用してジョギングを行っています。このワークアウトとHeart Watchは連携しているので、自動的にジョギング時の心拍数が計測されています。

▲平均は127と出ています。

▲127と出ている丸い円をタップすると、詳細な時間後とのデータとグラフを見ることができます。

目標の心拍数の130には届いていませんが、ウォーキングよりちょっと早いくらいのかなりゆっくりのペースで走っているわりには、それなりの心拍数になっていることに驚きました。

これから、もう少しスピードを上げて130平均になるようにしていきたいです。

Apple Watchのはめ方が緩いと正確に計測されない

▲ある日のデータは全時間でマックスの心拍数になっていました。

Apple Watchを緩めにはめていたせいだと思います。

今後は、ジョギング前にはしっかり締めて、より正しい計測を行います。

まとめ

iOSアプリのHerat WatchはApple Watchでの心拍数計測ができ、詳細なデータ分析を見ることができます。

『一流の頭脳』で書かれていた、目標心拍数のジョギングを毎朝30分行い、不安への対処、集中力の向上につなげていきます。