ココイチ 低糖質カレー カリフラワーライスがカレーに合う 血糖値測定も

ココイチで、ご飯の代わりにカリフラワーライスを使った、糖質16gの低糖質カレーを食べました。

糖質制限外食に重宝するメニューです。

トッピングも自由に選べて、自由度の高い低糖質メニューです。

ココイチ低糖質カレー 糖質量

糖質量は16gと、スーパー糖質制限食に対応できる低糖質です。

カリフラワーライスの量は180gで、大盛り、小盛りを選べば、カリフラワーライスの量を45g増減できます。

通常のボークカレーの場合、ライスは300gで、炭水化物量 126.5.gです。

ココイチホームページには糖質量ではなく、食物繊維も含んだ炭水化物量で記載されています。

通常のライスの場合、食物繊維の量は無視できる量と考えると、今回の低糖質カレーは1/8の糖質量となります。

2018年に、期間限定でココデオフカレーというメニューが発売されていました。

これは、ライスボールが付いていたり、トッピングが固定だったりと、自由度の少ないメニューでした。

しかし今回の低糖質カレーは、カレールーとカリフラワーライスの組合わせのみで、トッピングは自由なので、かなり自由度が高いです。

ココイチ低糖質カレー 実食

ココイチ低糖質カレー

ココイチのカレーの味、風味、コクを充分楽しめます。

食後は糖質特有のだるさはなく、スッキリ感があります。

カレー好きにとっては最高の低糖質メニューです。

ココイチ低糖質カレー 血糖測定

食前 81 → 食後30分 100 → 食後 1時間 90 、とピークもそれほど上がらず、1時間で正常血糖値に戻りました。

表示糖質量通りの動きです。

まとめ

ライスの代わりは、こんにゃくや豆腐を使われてきましたが、カリフラワーライスは、カレールーととても合います。

今回ココイチでカリフラワーライスを食べてみて、トップバリューからカリフラワーライスが販売されていることを知りました。

自宅でカレーを作るときに使えそうです。