CoCo壱番屋の低糖質・糖質制限メニュー CoCo de オフカレーを食べてみた

2019年2月2日、CoCo壱番屋が2018年12月1日から全国販売を開始したCoCo de オフカレー を実食しました。

食べたもの

CoCo de オフカレー A(ほうれん草&フライドチキン)690円(税込)を食べました。

サイドメニューは別途追加した半熟タマゴタルタルソース 123円(税込)です。

▲ご飯の代わりに蒸しカリフラワーを使うという斬新な発想に驚きました。

食感はご飯と違い、ポテトサラダを固めにしたような感じです。

カリフラワーのあっさりとした味にココイチの濃厚なカレールーがぴったりとハマっています。

ぼくはココイチのカレーの味が大好きなので、ご飯がなくてもまったく問題ありません。

カリフラワー120gに、30gのライスボールが付いています。

30gのご飯は糖質11gです。

これを除くと22.8gとなる

ココイチのホームページによると、CoCo de オフカレー Aの糖質量は33,8gなので、ライスボールを食べなければ22.8gとなり、1食あたり20g以内を目指すスーパー糖質制限食の基準を少しオーバーする程度になります。

その他のメニュー

▲ CoCo de オフカレー にはA B Cの3種があります。

どれも糖質の少ない具材になっています。

まとめ

ラーメン店では、こんにゃく麺や、麺を抜いて豆腐やもやしに換えることで低糖質対応のお店がどんどん増えてきています。

今回カレー店では初めての低糖質対応が現れました。

カレー好きだけど、糖質制限をやっているという人にはどはまりなメニューですね。