Logicool ロジクール R1000GD スポットライト プレゼンター ポインター スライド送り購入してみた

月に1回自主開催のセミナーを開催しています。

スライド送りとポインターは、NexGadget フィンガープレゼンター を使用していました。(こちらの商品は今はAmazonで販売されていないようです)

使っていて、スライド送りが反応しなかったり、レーザーがついたりつかなかったりすることがありました。

電池が切れたのかと思いきや、電池を入れ直すと反応するようになったりと、原因がわからずじまいでした。

そこで価格は高いですが、Logicool ロジクール R1000GD SPOTLIGHT ゴールドを購入してみました。

「ものくろきゃんぷ」を主催し年間講座を200回実施している大東さんが価格以上の価値があると薦めている商品です。

開封の儀

▲ぼくのMacBookの色と似ていたのでGoldカラーを選びました。

▲ペンの長さと同じくらいです。

▲裏面にはボタン等はありません。

▲先端に付いているのはUSBタイプのレシーバーです。

▲レシーバーを抜いたところです。

充電ケーブルの差込口(USB-C)はこの穴の中にあります。

▲本体用のゴムケースと充電用ケーブル(USB-C)です。

使用してみて

▲まずは充電ケーブルにつなぎます。

▲アプリに充電容量が表示されます。

たったの1分で100%になりました。

講演開始前のちょっとした時間で充電できるのはとても便利です。

▲アプリではタイマー設定、ボタンのカスタマイズ、ポインター強調表示の大きさの設定などができます。

▲さっそく自宅のモニターで試してみましたが、強調したい部分をスポットライトのように目立たさせるのはとても見やすく、斬新です。

まとめ

ロジクール R1000GD スポットライト プレゼンター は、強調したい部分をスポットライト表示ができて、レーザーに比べてわかりやすくスライドを指し示すことができます。

1分で3時間使用分の急速充電ができるのはとても便利です。

次回講演で使用してみて再度レビューします。

参考にした記事