ベンチプレス 50kgを上げるために気づいた2つのコツ

2018年1月からウェイトトレーニング3種に取り組んでいます。

ウェイトトレーニングはきついですが、上達が重量の数字となって表れるのでモチベーションが上がりやすいです。

2018年6月にはベンチプレスの重量を50kgまで増やしました。(レビュー)

それから5ヶ月経ちましたが、50kgを10回×2セットの中で、6〜8でギブアップするときがまだまだあり、毎回10×2セットを上げきることができない状況です。

昨日(2018年11月14日)は久々に10回×2を上げきることができました。

2つコツに気づきましたのでまとめます。

軽い重量で動きをチェックする

最初から50kgの重りをつけてからやるからうまくいかないと気づきました。

バーのみで4〜5回、形と動きを確認することを最初にやりました。

そうすると1セット目の10回は難なくクリアできました。

腹筋を意識する

腕に力が入ると、特に2セット目の10回は続きません。

今回は腹筋に力を入れることで、腕に力が入りすぎることを防ぐことができました。

最後の2回はいつものように、左手が上がらなくなってしまいましたが、腹筋に力を入れてなんとか上げきりました。

まとめ

50kgのベンチプレスを10回×2セット、毎回上げられるようになるために、今回2つの気づきを得ました。

これに加えて、左側の筋力不足を感じているので、これをワンハンドダンベルプレスで強化しながら、60kgを目指していきたいと思います。