東西線と総武線の間の交通機関について 葛西から錦糸町バス 錦25 に乗ってみた

都内から船橋までの間は東西に5つの鉄道路線がある。北から京成本線、JR総武線、都営新宿線、メトロ東西線、JR京葉線だ。

半蔵門線、大江戸線から西は南北の路線が無く、南北の移動の公共交通機関はバスに限られる。バス路線はかなりの選択肢がある。

2016年3月6日浦安から亀戸に行くために葛西駅から錦糸町行きのバス路線錦25に乗車してみたので報告する。

東西線と総武線の間の交通機関について 葛西から錦糸町バス 錦25 に乗ってみた

▲メトロ東西線葛西駅西口を降りた。

▲目的とするバス路線のボタンを押すと乗り場を音声で案内してくれる。

▲バス停は駅の北側にあった。

▲かなりの本数がある。日曜ダイヤで7時43分発に乗った。乗客は4人。

▲新宿線の船堀駅には10分で到着。

▲京葉交差点を左折。乗車から20分経過。

▲小松川警察署を右手に見ながら

▲中川を渡り

▲荒川を渡る

▲この辺りからかなり乗客が増えてきた

▲水神森で下車。乗車してから32分で経過していた。乗客はほぼ満席。

▲水神森バス停は亀戸駅東口がすぐだ。

まとめ

葛西駅から錦糸町駅のを結ぶ錦25の都営バスに乗った。葛西駅から亀戸駅東口まで32分かかるが、本数も多く便利な路線だ。今後東陽町から錦糸町を結ぶ都07路線に加えて東西線沿線から総武線沿線への移動の手段のレパートリーに加えたい。

追記 結局亀戸からの帰りは夜11時を過ぎてバスが無くなり、亀戸から西大島まで徒歩、新宿線で一之江で降り浦安まで徒歩となってしまった。(汗)

この記事を書いた人

むくどり

むくどり

ブログの著者:椋 寛之 (むく ひろゆき)

サラリーマンとしてではなく、個人で独立して生活をしていきたいと思い、2016年1月末で25年間勤めた会社を辞め、現在さまざまな取り組みを模索中です。

好きなもの
卓球、ゴルフ、赤ちょうちん、登山、レトロな町並みや商店街、銭湯

影響を受けている人
勝間和代さん、立花岳志さん、堀江貴文さん、森田健さん、樺沢紫苑さん

1968年生まれ 兵庫県西宮市出身 千葉県浦安市在住

詳しいブロフィールはこちら

広告