ものくろキャンプ 『講座を開催したい人のための入門講座 レベル1 』を受講して

本講座を受けて一番刺さった内容は「知識は無料、体験は有料」ということです。

このことばで、セミナー開催の意味がわかりました。

セミナーとは、受講者に知識を与える場ではなく、受講者の行動を変える場なのです。

その他の気づきを3つまとめます。

ものくろキャンプ 『講座を開催したい人のための入門講座 レベル1 』を受講して

会場選びについて

おしゃれな会場であれば、参加者がセミナーのことを拡散しやすくなります。

また会場によっては、Doorkeeperと連動してイベントを告知してくれるところもあります。

継続することを考えた会場選びが必要だとわかりました。

集客について

結果的に人が集まらなくても失敗ではありません。

少人数であれば、受講者に提供できる価値がアップすると考えることができます。

継続することが大事なのです。

配布資料の印刷について

kinkosでの印刷の技を教わりました。

ものくろさんから紹介された神アプリ、早速使ってみました。

セミナー用配布資料のためだけでなく、自分で小冊子を作りたいときに役立ちます。

まとめ

ちょうど自分でセミナーを開催したいと思っていたときだったので、かなりいろいろなことを吸収できました。

ここに書いた以上に、決済についてや、プライシングなど盛りだくさんの内容でした。

受講者が帰宅するときに、次の行動をスタートしたくなる、そんなセミナーが開催できるように取り組んでいきたいです。

今回の講座はまさにそのような講座でした。

自主開催のセミナーを継続してやっていきたい人には大変オススメの講座です。