リマ観光 TURI bus 半日バスツアーで古き街並みを楽しむ

2017年11月12日 TURIbusに乗ってリマの半日観光を楽しみました。


3時間ほどの歴史建造物のツアーを楽しみました。

ラルコ・マルから出発

ラルコ・マルというショッピングモールで、前日にWeb予約したチケットを受け取りました。

歴史観光ツアーは3時間で25$です。

▲ラルコ・マルはこのように海岸の絶壁に建つ近代的なショッピングモールです。

▲サーファーの姿がたくさん見えます。

▲美しい海岸線が続いています。

▲乗り場はラルコ・マルのすぐ上になります。

10時15分発のバスに乗りました。

このような派手なペイントのされた2階建てバスです。

ワカ・プクヤーナを車上から見学

ラルコ・マルを出発してから、ミラフローレスという高級住宅街を15分ほど走ると、広大な遺跡が見えました。

リマ文化を代表する遺跡のワカ・プクヤーナです。

インカ以前の約1,500年前の祭祀場と考えられ、最近になって発掘されました。考古学者が引き続き遺物を調査しており、ミイラも発見されているそうです。

バスは停車しましたが、降りずに車上から全体を眺めました。2階建てバスならではの観光の仕方ですね。

旧市街へ向け北上 車窓からの眺め

日曜日でしたが、道は混雑していました。平日はもっと混雑するそうです。2階建てで見晴がいいので、渋滞していても退屈しません。

▲エスタディオ・ナシオナル。国立競技場です。

36年ぶりのワールドカップ出場を決めるニュージーランドとの一戦が次週に控えているため、代表ユニフォーム着た人たちがたくさん群がっていました。

▲グラウ広場。

ペルー海軍の提督を務めたミゲル・グラウの像です。

▲リマ最高裁判所です。

▲旧市街の街並みです。

アルマス広場にて下車

▲アルマス広場でバスを降りました。

観光客やら地元の人やら、たくさんの人で賑わっています。

奥に見えるのが大統領府です。

旗を持っているのがTuribusのガイドさんで、スペイン語と英語でガイドをしてくれます。

▲リマ大聖堂です。

▲リマ文学館です。図書館のようでした。トイレが利用できました。

世界遺産 サンフランシスコ教会

▲サンフランシスコ教会です。

▲日曜日とあって多くの人が礼拝に来ています。

このあと、約2万5千冊の古書を保存している部屋を見学しました。本の状態を維持するための工夫が随所に見られました。

次に、カタコンダという地下の墓地を見学しました。

本物の人骨が大量に保存されていました。

サンフランシスコ教会の見学が終わると13時頃で、このあとバスはラルコ・マルに戻るとのことだったので、ここで自由行動を選択してバスを降り、周辺で食事や買い物を楽しみました。

まとめ

Turibusでのリマ観光は、リマの新市街と旧市街の街並みを2階立ての車上から眺めることができます。

そしてアルマス広場では、コロニアル建築で飾られた世界遺産を見学でき、おすすめのツアーです。

広告