スターバックスBKK店 プノンペン 広くておしゃれな空間

2020年1月28、29日、プノンペン滞在中、 スターバックスBKK プノンペン Flagship店に2日連続で訪れました。

とても広くて、おしゃれなお店で、落ち着いて仕事ができました。

スターバックス プノンペンBKK店 外観

スターバックスBKK プノンペン 外観

カンボジアのスターバックスは、ビルの中や、デパートの中に入っている店舗が多いですが、こちらはFlagship店らしく、独立した建物です。

カフェが集まっている地域で、カンボジアローカルなカフェチェーンのブラウンカフェもすぐ近くにあります。

スターバックスBKK 店内

スターバックスBKK プノンペン 店内

木曜の朝7:20です。

すいていて好きな席を選び放題です。

スターバックスBKK プノンペン ACアダプター

ACアダプターの使える席もあります。

スターバックスBKK プノンペン バルコニー

1階だけでなく、2階にも屋外コーナーがあります。

午後は冷房が効き出して、寒く感じたので、バルコニーに出ました。

外に出ると、プノンペンの雑多な喧騒が目に飛び込んできて、中にいるのとまったく違う雰囲気です。

バルコニーは喫煙可能です。

お客は、学生、欧米人、地元の会社員が主体で、日本人も少ないですが見かけました。

スターバックスBKKで飲んだもの

スターバックスBKK プノンペン レシート

ドリップコーヒーは、Coffee of the dayという名前のメニューでした。

料金は日本と変わらず、ショートサイズで1.95ドルです。

クレジットカード使用可能でした。

店員は、日本の店舗と同じで、少ない人員で回しています。

コーヒーの味は日本のスタバと同じです。

まとめ

スターバックスBKKは、プノンペンにいることを忘れるくらい、おしゃれな空間です。

バルコニーに出ると、プノンペンの喧騒を感じることができ、店内とのギャップがおもしろいです。