ScanSnap Cloud 紫色ランプがつかないときの対応

5E2A6285 981C 434F 8C53 31F1B38DA098 1 105 c - ScanSnap Cloud 紫色ランプがつかないときの対応

ScanSnap Cloudを毎日使っています。

レシート、郵便物、書類を整理するために、なくてはならないシステムとなっています。

それが、2019年末から、突然使えなくなりました。

PFUサポートへ問い合わせをして、回答メールの通りにやったら解消しました。

備忘録のためにまとめておきます。

ScanSnap Cloudが使えなくなった状態

いつもは青と紫の2色に点灯するスキャンランプが、青色1色のみの点灯となりました。

ScanSnapのwifi設定を1からやり直してみましたが、変わりませんでした。

ネット上を調べてみると障害が出ていて、しかし復旧した模様です。

ただ、DNS環境によっては、復旧に時間がかかるとも書いてあります。

2020年1月5日現在でもつながらず、PFUサポートページから問い合わせを行いました。

休み明けの1月6日にメールで対処方法が送られてきました。

モバイル端末でScanSnap機器を削除し再度追加し直す

iPhoneのScanSnap Cloudアプリ上で、登録されているScanSnap機器を削除し、追加し直すことで復旧しました。

手順は以下です。

  1. モバイル端末はiX500と同じ無線ルーターにWi-Fi接続しておく。
  2. モバイル端末のScanSnapCloudアプリを起動し、ScanSnapアカウントのメールアドレスとパスワードの組み合わせでサインインする。
  3. モバイル端末のScanSnapCloudアプリの左上の三本線をタップし、
    設定-スキャナーの追加と削除
    登録している機器を選択して削除する
    ※ScanSnapアカウントのパスワードを入力して進める
  4. スキャナーの追加と削除の画面に戻ったら、
    新規にスキャナーを追加するをタップ
    パスワードを入力します。
  5. ScanSnapCloudの設定画面で
    スタートをタップ
    画面の指示に従って進めます。
    ※途中でラベルの有無を聞かれたら、ラベル有りを選択する。
    登録していた機器が表示されたらタップ
  6. ScanSnapCloudの設定をすべて完了させ、iX500のWi-FiランプおよびScanボタンの下半分が紫色になる事を確認する。

まとめ

ScanSnap Cloudの、紫色ランプがつかないときの対処をまとめました。

ScanSnap Cloudが1週間弱使用できなくなって、レシートや書類が数十枚たまりました。

日頃いかにこのシステムに頼っているかを再認識しました。

紙の整理のために、今後もなくてはならないシステムです。