『祈り方が9割』 願いが叶う神社の参り方がわかる本

北川 達也 (著) 『祈り方が9割 願いが叶う神社参り入門』 を読みました。

20191231063126 - 『祈り方が9割』 願いが叶う神社の参り方がわかる本

最高階位「明階」という神職資格を持つ、IT経営者が書いた、神社参拝のマニュアルです。

IT経営者であるからこそ書ける、マニュアル本です。

すなわち、修行によって得られるような、スピリチュアルや、特殊能力の発現を目指していません。

ぼくは、昔から、神社に興味はありました。

しかし、神様とか、おはらいとか、神道とか、いろいろなものが、わからないままもやもやとしていました。

本書を読んで、それらをクリアにすることができました。

それに加えて、願いを叶える祈り方について知ることができました。

そもそも神様とは

IMG 3920 640x480 - 『祈り方が9割』 願いが叶う神社の参り方がわかる本

神社とは、神様をまつっている場所です。

神職の間では、畏れ多いもの、のことを神様と呼ぶそうです。

畏れ多いとは、人智では推し量ることのできない、不思議な働きを感じることです。

神様は、畏れ多いだけでなく、愛情深い、親や祖先のような一面も持っています。

神様は、とても広範囲に存在しています。

その神々の中の最高神が、伊勢神宮にまつられている、アマテラスです。

アマテラスの神話が神社のルーツとなっている

天の石屋に閉じこもったアマテラスを引き出すために使った、「太御幣(ふとみてぐら)」は、現在、神社で使われている様々な道具のルーツとなっています。

著者は、アマテラスの神話を詳細に紹介しています。

先日、『かみさまのおはなし』読んだばかりなので、より一層理解が進みました。

いい神社とは「祀り(まつり)」に専念している

いい神社とはどのような神社なのでしょう。

著者は、「社殿などを修理し、祀りに専念している」のがいい神社であると評しています。

修理とは、日頃の清掃、維持管理をしっかりしているということです。

ぼくは毎朝ジョキングの途中で神社に立ち寄っていますが、そこで神職の方が入念に掃除をして、儀式を執り行っている光景を毎朝目にします。

大きな神社ではありませんが、いい神社であると改めて見直しました。

祀り(まつり)とは、古代から伝わっている、厳格な儀式のことです。

著者は、発展機運のある「8つの神社」を紹介しています。

これらの神社は全国にまたがっています。

著者は、東京近郊から行きやすい発展機運のある「8つの神社」も別媒体で紹介しています。

ぼくは、まずはこちらの「8つの神社」から参拝してみたいと思いました。

正しい神社の参り方とは

神社へは、定期的にお参りすることが大事です。

タイミングは自由で、大安などの日取りは気にする必要はありません。

ドレスコードは、スーツであることが望ましいとされています。

心身ともに清浄であることを、服装で表現するのです。

賽銭は、払うのではなく、納める(一方的に差し上げる)ものです。

著者は、紙幣で1000円以上を納めているそうです。

賽銭を入れてから、二拝二拍手一拝を行います。

神社参りの特別版が祈祷です。

20分が実際に要する時間ですが、待ち時間含め1時間をみておく必要があります。

料金は5000円以上となっています。

願いが叶う祈り方とは

4F7FF0EB 8F7F 4DAF 99B0 F5BB50996C63 16603 000012D2480E1E3A 640x480 - 『祈り方が9割』 願いが叶う神社の参り方がわかる本

祈り方についても、マニュアル本らしく、著者は、祈り方について、とてもわかりやすく解説しています。

願いがかなう祈り方は「感謝」2割と「愛情」8割です。

「感謝」の キーワードは「有難うございます」で、当たり前ではないという意味です。

文章は以下のようになります。

「〇〇できて、有難うございます。」

「愛情」のキーワードは「喜びますように」です。

喜ぶのは他者です。

まずは身近な人に喜びを与え、その喜びを組織、地域、国、世界へと広げていくように願います。

文章は以下のようになります。

「〇〇さんが〇〇できて、〇〇さんが喜びますように」

まとめ

本書を読んで、正しい神社の参拝の仕方、そして発展機運のある神社を知ることができました。

最近、神社 = パワースポットと、とらえる人が多くなり、ぼくの知人にも、神社めぐりをする人が増えてきました。

これからは、パワースポットという言葉だけに踊らされないよう、正しい知識を持って神社参りをしようと思います。

他者が喜ぶように祈ることで願いが叶うという考え方は、原田メソッドの、4観点の目的目標設定と同じ考え方です。

他者の喜びを祈ることは「他者無形」の目標を持つことになります。

他者に役立とうという願いは『やり抜く力(GRIT)』でも、「大きな目的」として、提唱されています。

神社で、他者の喜びを祈ることで、結果的に自分の願いもかなうのだと、改めてわかりました。