iPhone 11 Proのシャッター音 無音で使う 2つの方法

iPhone 11 Proで無音化アプリを使用せずに、シャッター音を無音にして、純正カメラアプリを使用する2つの方法をまとめました。

それは、スピーカー部分を指で覆う方法と、Live Photoを使う方法です。

iPhone 11 Proのカメラ機能で気に入っている点

iPhone11 Proのカメラ機能が素晴らしいと各方面で絶賛されています。

ぼくは2019年10月、iPhone XS MaxからiPhone 11 Proに買い替えました。

2週間ほど使用してみて、以下2点が気に入っています。

  • 近距離 (20cmくらい)でもポートレートモードが使用できて、料理、ペットの写真がきれいに撮れる
  • 超広角撮影はグループでの飲み会写真がうまく撮れる

シャッター音のせいで飲食店で使えない

飲食店、特に静かなお店では、何度もシャッター音を響かせるのは迷惑になります。

そのためiPhone XS Maxでは、飲食店では無音化アプリを使用して撮影していました。

しかし、ポートレートモードも、超広角撮影も、無音化アプリでは使えません。

無音化アプリは、iPhoneのビデオ機能を利用しているからです。

iPhone 11 Proのスピーカー部分を指で覆う

1r0JTcBYRvqajIePJghdHA thumb 1b3c - iPhone 11 Proのシャッター音 無音で使う 2つの方法

シャッター音が出るスピーカー部分を指で覆うことで、完全に無音化にはなりませんが、かなり音量を抑えることができます。

飲食店の中で迷惑にはならないレベルまで音を小さくできます。

覆うスピーカー部分は2箇所です。

少し面倒ですが、慣れれば苦になることはありません。

Live Photoを使う

fullsizeoutput b63 768x1024 - iPhone 11 Proのシャッター音 無音で使う 2つの方法

Live Photoでは前後1.5秒の映像、音声が記録されます。

Live Photoは写真アプリの右上にオンオフボタンがあります。

シャッター音は「ピコン」という軽い音が鳴るだけなので、周囲に迷惑をかけることはありません。

超広角は使えますが、ポートレートモードは使用できません。

ペットなど、動きのある被写体では、後で一番いい写真を選ぶことができるので便利です。

写真よりも容量を多く使ってしまうのがデメリットです。

まとめ

iPhone 11 Proの純正カメラアプリを無音で使用する方法をまとめました。

しかしそれは苦肉の策であって、海外製のiPhoneを使うのが、すべての機能を完全無音で使用する唯一の方法です。

香港製のiPhoneは日本でも購入できるので検討してみましたが、日本で購入するより2万円ほど高くなってしまうので断念しました。

シャッター音が消せないのは盗撮防止のためと言われていますが、ビデオではシャッター音が鳴らないことを考えると、シャッター音が盗撮防止に意味はあるのかと大いに疑問が残ります。

シャッター音が消せないのは、世界では日本と韓国だけだそうです。

一日も早くシャッター音が解除できるようになることを願うばかりです。