iPad mini第5世代からiPad Pro 12.9インチ第3世代へ使用1週間で交換した

2019年8月2日にApple Store銀座で購入したiPad mini第5世代とApple Pencilを1週間使用した後、8月9日にiPad Pro 12.9インチ 第3世代とApple Pencil第2世代へ交換しました。(差額の支払いは必要です。)

iPad miniを購入したときに、2週間以内であれば他のモデルへ交換可能と聞いていたのですが、本当に交換できてびっくりです。

iPad mini購入の記事はこちら

iPad miniを持って購入したApple Storeへ

Apple Store銀座

購入したiPad mini、付属品、Apple Pencilを持ってApple Store銀座に行きました。

スタッフに交換したい旨を告げると、iPad専属の担当者がやってきて、持ってきたiPad miniとそのときのレシートを確認しました。

そして希望のiPad Pro 12.9インチを選んで、差額を支払って購入完了です。

1週間だけ使用したiPad miniのアクチベーションロック解除は、スタッフがやってくれます。

iPad miniとiPad Pro 12.9インチ、Apple Pencil、Apple Careの差額の支払

iPad mini
第5世代
wifi 64GB
45,800円iPad Pro
12.9インチ wifi 256GB
128,800円
Apple Pencil10,800円Apple Pencil
第2世代
14,500円
Apple Care
iPad用
8,400円Apple Care
iPad Pro用
14,800円
消費税5,200円消費税12,648円
合計70,200円170,748円

今回支払った金額は上表の合計金額の差額の100,548円でした。

iPad miniとiPad Pro 12.9インチの本体価格の差がかなり大きいですね。

iPad Pro 12.9インチとApple Pencil第2世代 開封の儀

付属品はACアダプタとUSB-Cケーブルです。

横向きに置いたとき、MacBook12インチと横幅は同じですが、縦は長いです。

裏面のカメラ部分は出っ張っています。

そのためカバーは必要ですね。

Apple Pencilはタップする面が付いているのが違いますが、それ以外は質感的にはまったく同じです。

iPad Pro 12.9インチ 使用してみて

手書きノートが快適すぎる

A4サイズなので、より紙に近い感覚で文字を書くことができます。

セミナーの聴講録にも便利だと感じました。

漫画がめちゃくちゃ読みやすい

大画面というのはやはり読みやすく、以前使っていたKindle Paperwhiteより圧倒的に読みやすいです。

雑誌、ムック本が読みやすい

雑誌類はKindleでは文字が小さくなってよみづらかったのですが、とても読み安いです。

Kindleを読みながら読書メモができる

Sprit Viewを使ってKindleとGood Note5を使用すると、Kindleを読みながら読書メモを書くことができます。

Apple Pencilの充電を意識しなくていい

本体にApple Pencilをくっつけるだけで充電されるので、意識して充電する必要がありません。置き場所も固定できるので楽です。

まとめ

iPad mini 第5世代を購入したあと、画面の大きさに物足りなくなり、1週間でiPad Pro 12.9インチに交換しました。

MacBookがあるから、iPadで12.9インチの大きさは不要だと考えていましたが、使ってみるとまったくそんなことはありません。

iPad Pro 12.9インチはiPad ProとApple Pencilのよさを最大限活かせる画面サイズだと強く感じました。

まだ使い始めたばかりですが、どんどん期待感が膨らんでいます。

ぼくと同じように、iPadの購入を決めたけど、サイズをどうするか迷っている人は、Apple Storeで購入するのがおすすめです。

実際に開封して使っても、2週間以内だと交換できます。

サイズ感は、実際に使ってみないとわからないものです。