好きなことを見つける方法 相対的な好きを選ぶ

4年前に会社員であることをやめて以来、好きなことをして生きていくにはどうすればいいか、という問いを持ちながら生きています。

最近得た気づきは、「今日食べるものを自分で決める」ということです。

つまり、自分で主体的に考えて行動すると楽しくなり、好きになるということです。

それに引き続いて得た気づきを今回まとめます。

今あるものの中で一番好きなことをやる

今自分ができることの中で、もっとも好きなことをするのが、本当に好きなことに出会う方法だと気づきました。

好きには相対的に好きなことと、絶対的にすきなことがあると気づきました。

絶対的に好きなものは何か、それに気づくことは難しいです。

まずは、相対的に好きという選択を繰り返していくことで、どんどん絶対的な好きに近づいていくのだと思います。

一番好きなことを最初にやる

「好きなおかずは最初に食べる」ことを原田メソッドで「おかず理論」と呼んでいます。

原田先生は教師時代に、生徒が弁当で大事に残しているおかずを、横から取って食べたそうです。

生徒に、一番好きなことを最初にやれ、ということを教えるためです。

後で好きなことをするために、今我慢するというのは、今を大切にしない生き方です。

DraggedImage 8 - 好きなことを見つける方法 相対的な好きを選ぶ

まとめ

好きなことをするということは、今選択できる一番好きなことを、一番最初にする、ことであるとわかりました。

そして、それを自分独自のやり方じ主体的に行うことで、より楽しくすることができます。

今を大切にするとはどういうことか、だんだんわかってきた気がします。