ホンビノス貝 ヘルシオのカンタン蒸し 味付け不要で絶品のおいしさ

ホンビノス貝をヘルシオのかんたん蒸しにかけてみたら、味付け無しで最高のおいしさで、茹で汁も同じく調味なしで絶品の味でした。

浦安の政丸商店でホンビノス貝を購入

自宅近くの焼きあさりの販売店の政丸商店の店頭で「 ホンビノス貝」という看板を見かけるようになりました。

初めて見る貝の名前だったので調べてみると、アメリカ原産で、日本では市川、船橋で採れるはまぐりに似た味の貝であることがわかりました。

はまぐりと同じ大きさの貝が13個入って400円という格安の値段でした。

まずは塩水につける

砂出しのために塩水につけました。

海水と同じ濃度なので500mlの水に15gです。

それほど砂は出ないとのことで、3時間程度つけました。

ホンビノス貝は砂出しよりも、水洗いが大事と書いてあったので、流水で水洗いを入念に行いました。

ティファールのフライパンで蒸す

ヘルシオの角皿に乗る大きさであれば、なんでもよいです。

貝をそのまま乗せるだけです。

水も酒も調味料もなしです。

「カンタン蒸し」でスタート

仕上がりは標準にしました。

時間は15分弱です。

ヘルシオに登録されている「魚介の蒸し物」というメニューでも試しましたが、貝が開かずうまくできませんでした。

なぜかヘルシオのセットメニューでうまくできたことがありません。

「カンタン焼き」か「カンタン蒸し」が一番おいしくできます。

できあがり

全部の貝が開いています。

茹で汁と一緒に器にあけます。

何もつけなくてもおいしい

ほどよい硬さに茹で上がっています。

塩をかけていないのにちょうどいい塩味があります。

茹で汁が最高においしかったです。

これはお酒を飲んだ翌日などにはしみる味です。

まとめ

ホンビノス貝はヘルシオのカンタン蒸しで、調味料なしで、身と茹で汁を最高においしく味わうことができます。

ホンビノス貝ははまぐりと同じような味で、とても安く手に入れることができるのでこれから定番メニューになりそうです。

政丸商店の紹介記事はこちら