WordPressもくもく会に初めて参加してみた

2019年5月25日(土)WordPressもくもく会@日本橋に初めて参加してきました。

場所はコワーキングスペースCo-edoです。

WordPressでブログを書いている人、エンジニアの人、これからWordPressをさわろうとしている人、など様々な人が集まっていてすごくおもしろい会でした。

会の雰囲気はゆる〜い感じでありながら、専門家の人が数名いて、わからないことはすぐに聞くことができるというありがたい環境です。

情報交換するもよし、もくもくと作業するもよしという、敷居の低い自由な会です。

まずは主催者から挨拶

主催者の方々(6名くらい)から開催の挨拶がありました。

主催者の方々はアドバイザーという名札をかけているので、なんでも聞いてくださいというフレンドリーな雰囲気を出してくれています。

WordPress関連のトピックの紹介

WordPressバージョッアップの情報や、新刊書籍の案内がありました。

参加者の中に、他の書籍の著者も混ざっておられました。

また会場のCo-edoの本棚にはたくさんのWordPressの書籍が揃っています。

ブロックエディタの解説

主催者の今村 哲也さんから「【超初心者向け】Gutenberg(ブロックエディター)を使って、ブログを書いたりページを作ってみよう」 というセッションがありました。

ぼくは普段はULYSSESというエディタからWordPressにアップロードをしていて、WordPressのエディタは使っておらず、ブロックエディタも未知だったのですが、今回の解説を聞いてすぐに使えるように手りました。

アイスブレイク

同じテーブルの方と名刺交換、Facebook友達申請などを行いました。

一人はブロガーの方、もう一人はエンジニアの方で、初めて聞くような話しが出てとてもおもしろい時間でした。

もくもく勉強タイム

ブロックエディタを使ってみたり、同じテーブルの人から聞いた内容を検索してみたりと、もくもくと作業をしました。

たっぷりと2時間以上ありましたがあっという間でした。

まとめ

ぼくはWordPressでブログを書いています。

使用しているSnowMonkeyというテーマの機能が豊富なので、独自にカスタマイズすることはなく、WordPressの中身についての知識はあまりありません。

そんなぼくでも、他の参加者からの話しはとても参考になってとてもおもしろいと思えました。

WordPressの思想そのままに、オープンで敷居の低い雰囲気の会でした。

次回もぜひ参加したいと思います。