SONY WH1000XM3 カフェ仕事に没入できるノイズキャンセリングヘッドホン

2019年4月、ノイズキャンセリングヘッドホンのSONY WH1000XM3を購入しました。

使ってみてすぐ抱いた気持ちは、なぜ今までこのヘッドホンの存在を知らなかったのだ!というものです。

買おうと思った理由は、カフェ仕事で近くの人の話し声、特に電話の声、そしてキーボードの音が気になって集中できないことがよくあったからです。

実際に使ってみると、もちろん人の話し声や、キーボードの音は聞こえなくなりました。

それに加えて、近くにそういう騒音がないときでも使用することで、作業に没入できるようになりました。

SONYWH1000XM3 使用シーン

いつもよく行くスタバで使ってみました。

周りに人がいないかのような錯覚に陥りました。

ファミリーマートのイートインで使ってみました。

夕方前の時間帯は子どもたちがゲームをやっていることが多いですがまったく気になりません。

ファミリーマートはいつも同じCMが繰り返し流れていて、とても気になっていたのですがそれが聞こえなくなって快適です。

マクドナルドで使ってみました。

大きいテーブルでは、ゲームをしている学生が多いですがまったく気になりません。

着けたままコンビニで買い物もできる

ヘッドホンで音楽を流しているときでも、右のヘッドホンを手でふさぐと、音量が小さくなって外の音が聞こえるモード(クイックアテンションモード)に切り替わります。

いちいちヘッドホンを外したり、再生を止めなくてもいいので楽です。

外音コントールが可能

ヘッドホンのボタンを押すことで外音取り込み(アンビエンスサウンド) モードに切り替わり、外を歩くときに安全になります。

専用アプリのアクティべサウンドコントロールをオンにすると、歩いているとき、走っているとき、電車に乗っているときの外音コントロールを自動で行うことができます。

バッテリー容量が大きい

最大30時間の容量があります。

うっかり充電を忘れたときでも、10分の充電で5時間使用できます。

まとめ

ノイズキャンセリングヘッドホンを初めて使用しました。

今回購入したSONY WH1000XM3は、ノイズキャンセリング機能がすぐれていて、どんな場所でも作業に没入することが可能になりました。

また外音取り込みモードのコントロールが容易で、ずっと着けたままでいられます。

長時間装着したままだと少し耳が痛くなりますが、少し外して休めると問題なくなる程度です。

価格以上の価値のある製品です。