GarageBandを使ってオーディオファイルを編集してみた

Macの標準アプリのGarageBandを使ってオーディオファイルの一部の音声をカットすることができました。

瞑想のガイド音声の中でどうしても気に入らない部分があったので削除したかったのです。

編集したいオーディオファイルをGarageBandウインドウにドラッグ

DraggedImage 37 - GarageBandを使ってオーディオファイルを編集してみた

GarageBandを開いてからのプロジェクトを開きます。

DraggedImage 1 25 - GarageBandを使ってオーディオファイルを編集してみた

▲マイクマークのあるアイコンをクリックします。

DraggedImage 2 24 1024x562 - GarageBandを使ってオーディオファイルを編集してみた

▲編集したいオーディオファイルをウインドウにドラッグすると読み込まれます。

編集する

DraggedImage 3 21 1024x562 - GarageBandを使ってオーディオファイルを編集してみた

▲メトロノームの音が鳴っている場合は上部のメトロノームのアイコンをクリックして消します。

最初これが鳴ったままで編集したら、編集したファイルにメトロノームの音が入ってしまいました。

DraggedImage 4 12 1024x445 - GarageBandを使ってオーディオファイルを編集してみた

▲実際に再生しながら、削除したい部分を見つけました。

音声部分は波が表示されているのでわかりやすいです。

DraggedImage 5 8 1024x470 - GarageBandを使ってオーディオファイルを編集してみた

▲選択部分をカットします。

DraggedImage 6 3 1024x486 - GarageBandを使ってオーディオファイルを編集してみた

▲カットした後ろの部分をドラッグして前の部分にくっつけました。

iTunesにエクスポート

DraggedImage 7 1 1024x561 - GarageBandを使ってオーディオファイルを編集してみた

▲共有メニューから「曲をiTunesに」を選んで新たな名前を付けると、編集されたオーディオファイルがiTunesに新規に作成されます。

まとめ

GarageBandを使って、オーディオファイルの不要な部分をカットし、音質を保ったまま新たなオーディオファイルを作ることができました。

簡単な操作でできて便利です。