無人コワーキングスペース konochikara 渋谷 使ってみた スマホ解錠が便利

2019年2月21日、渋谷駅近くの無人コワーキングスペースKonochikaraに行ってきました。

スマホからの指示で鍵を開け締めする体験は初めてでおもしろかったです。

コワーキングスペースは木目調の落ち着いた雰囲気のスペースで、集中して仕事に取り組めました。

経路と外観

宮益坂下交差点から明治通りを原宿方面に少し歩きます。

ビックカメラ、東急REIホテルをすぎるとすぐの渋谷宮下パークビルに入っています。

地下1階に降ります。

階段を降りるとすぐに入り口です。

解錠は事前登録が必要

入り口横の説明を読むと、入るためには事前登録をして、専用鍵URLを入手することが必要とわかりました。

さっそく登録しましたが、専用鍵URLは6時間以内で到着とのメールがきました。

今日は無理か、とあきらめて近くのカフェを探しました。

すると10分位で専用鍵URLが届いたので、また戻りました。

専用鍵URLで解錠

メールで届いた専用鍵URLを開くとこのようなシンプルな画面がでました。

AKERUNというシステムです。

入口ドアの前に立って、「鍵を開ける」ボタンを押すと、ウィーンという音が鳴って鍵が空いて入室できました。

室内

三方の壁際と真ん中にカウンターテーブルがあります。

木のテーブルで奥行きがたっぷりあって広くて使いやすいです。

貸ロッカーが2台あります。

流しがあります。しかし、ドリンクサーバーはありません。

飲食は匂いが出るもの以外は持ち込み可能です。

入り口付近に男女兼用のトイレが1つあります。

精算は意外にも現金支払

滞在時間を自分で計って、その時間分のチケットを自動販売機で買うシステムです。

1時間10分滞在しました。
30分100円なので300円とやすいです。
自己申告制で、しかも現金支払は意外でした。

自動鍵システムで入退室時間は記録されているはずなので、ごまかしようはありませんが…

まとめ

無人コワーキングスペースのkonochikaraは木の落ち着いたゆったりとしたテーブルがあり、静かな環境で集中して仕事ができるスペースです。

鍵はスマホで解錠できるので、受付などが不要で使いやすく便利です。