Apple Watch バツ(☓ )マークが消えないときの対応

2018年12月18日、突然Apple Watchの表示がバツ(☓ )マークになり、「すべてを消去」という文字が下に出ました。

何をやっても消えない

サイドボタンや、デジタルクラウンを押したり、回したり、ダブルクリックしたり、長押ししたりしても、まったく変わりません。

サイドボタンとデジタルクラウンの同時押しでも変わりません。

画面上の☓マークを押したり、強く押したりしても同じです。

充電が足りないと思い、一晩充電しましたが変わりませんでした。

ペアリング解除すると消えた

▲iPhoneのマイウォッチアプリから、Apple Watchのペアリングの解除操作を行いました。

▲すると初めて画面が変わりました。

ぐるぐるまわる模様が終了したら、新規でペアリングを行う画面に変わりました。

ペアリング再開

▲今までのApple Watchの情報が残っており、復元してペアリング再開しました。

Apple PayやSuicaの情報を入れ直しになりますが、すぐに元通りになりました。

まとめ

突然Apple Watchの画面に☓マークが出て消えなくなりました。

なぜ急にこのような状態になったのか不明です。

今回はApple Watchのペアリング解除を行って復旧できました。