「スナチカ」 南砂町に行ってきた わかりやすく見やすい展示で工事の概要が理解できた

2018年11月4日、メトロ東西線南砂町駅の「スナチカ」に行ってきました。

南砂町を訪れたときたまたま見つけて入ったのですが、とてもよくできた展示資料の数々に見入ってしまいました。

外観

▲南砂町駅を上がってすぐ、南砂三丁目公園に行く途中にあります。

▲東西線の車両を思わせる外観です。

▲入口です。

室内

▲きれいなトイレがあります。

最初はトイレだけを利用するつもりでした。

▲運転シュミレータがあり、子どもたちが楽しんでいました。

画像は高解像のアニメーションでかなりリアルで大人でも楽しめそうです。

▲ジオラマシアターです。

これもかなりの高解像度で見入ってしまいました。

工事計画について

▲このパネルで初めて、南砂町駅が工事中であることを知りました。

いつも通過しているだけなので知りませんでした。

ホームを広げて3両が停車できるようにするみたいです。

▲屋外のパネルによると、工事は2022年に完成するようです。

南砂町駅について

▲昔は駅のすぐ南は海でした。

砂村新田という地名だったそうで、それが砂村→砂町と変化していきました。

▲1969年に開業しました。

▲乗降客数は右肩上がりで10年で1.5倍になっています。

都心から近くて便利で、ここ数年でマンションや巨大ショッピングセンターなどがどんどんできています。

まとめ

何気なく入った「スナチカ」は、南砂町駅の歴史や工事の概要が詳しくわかりやすく解説してあり、思わず長く滞在してしまいました。

とてもおもしろい展示ブースです。

南砂町駅は初めて降りた駅ですが、工事が完了するとさらに魅力的な土地になると思いました。