RIZAP 辛口チキンカレーラーメン食べてみた 糖質15.3g なのにこってりカレー味でうまい

「ファミマでライザップ」シリーズに待望のカレー味のカップラーメン「辛口チキンカレーラーメン」が出て、店頭に並んだので早速食べてみました。

このシリーズでのカップラーメンは、今まで生姜醤油ラーメン(レビュー記事)、旨辛豆腐ラーメン(レビュー記事)と食べてきましたが、カレー好きのぼくとしては3種の中では一番の好みの味です。

今回も食後血糖値も含めてレビューします。

パッケージ

▲RIZAPのブランドカラーのゴールドの文字と、食欲をそそるカレーの画像がプリントされています。

▲栄養成分表示です。

糖質は15.3gと20gを切っています。

1食の糖質量を20g以内にして1日60g以内に抑えるスーパー糖質制限食にもぎりぎり対応できます。

調理

▲袋を別途開ける必要もなく、お湯を注ぐだけで簡単なのがいいです。

RIZAP 辛口チキンラーメン

▲4分のタイマーはApple Watchを使います。

手元で簡単に呼び出せるのがとても便利です。

▲できあがり。

カレーの風味がたっぷりただよいます。

実食

▲麺は食物繊維をたっぷり含んだ低糖質麺です。

通常のカップラーメンの麺の食感となんら変わりません。

▲鶏肉が入っています。

スープは糖質オフとは思えないほど、こってりとしているカレーです。

▲辛いのが苦手なぼくでも、最後まで飲み干せるくらいの辛さです。

糖質量が15.3gなので安心してスープまで飲み干せます。

血糖値

▲食前97→食後60分 129 →食後 90分 109。

過去の測定から、ぼくの食後血糖値のピークは60分なので、ピークでも血糖値ミニスパイクの基準値である140を超えないことがわかりました。

(※血糖値の変化は個人差があるためあくまでも参考としてとらえてください)

まとめ

ファミマでライザップの「辛口チキンカレーラーメン」は、糖質量15.3gとかなり低糖質に抑えられていながら、こってりとした辛口カレー味が楽しめるカップラーメンです。

よくスーパーで売っている、こんにゃく麺のカレーラーメンは、スープのカレー味が物足りないと感じていたのですが、このカレーラーメンは、どっしりとカレーの味がしみるカレー味です。