kunkun body 匂い検知アプリ を体験してみた

世界初のニオイ見える化チェッカーのkunkun bodyを体験しました。

体験した場所

Kinko’s(キンコーズ)池袋店です。

なぜキンコーズに展示しているのか、それはこの製品がコニカミノルタの製品だからです。

キンコーズはプリント専門店で、大型のプリンター、コピー機が多数あります。

おそらくコニカミノルタ製のものがあるのでしょう。

使用してみた

▲測定のレディ画面です。

まず「くち」から測定してみます。

▲kunkunbody端末のボタンを押して口の前に置いて、口呼吸をします。

結果は、「ほとんどニオイは気にならない」でほっとしました。

▲次に頭です。

端末のボタンを押して頭にかざすだけです。

少し汗のニオイが検知されただけで、加齢臭は検知されず、これもほっとしました

▲次に耳の後ろです。

ここも汗のニオイだけでした。

▲ワキです。

この日は外が暑くて脇汗をかいていたので、汗のニオイが強くでるのではと恐る恐る図りました。

やはり汗のニオイが検出されましたが、「ほとんどニオイません」という結果で自分でも意外でした。

まとめ

世界初のニオイ見える化チェッカーのkunkun bodyは、自分ではわからないニオイ成分をスマホと専用端末だけの簡単セットで手軽に測定できる便利なガジェットです。

ニオイが客観的数値で出ることは、自分のニオイが気になる人にとってはきちんと対策を打つためにはとても役に立つことでしょう。

糖質制限をやっていると、汗のにおいや、口臭が軽減されると、本で読んでいましたが、実際に自分のニオイが気にならないレベルと客観的にわかったのはよかったです。

糖質制限を継続するモチベーションになりました。