デッドリフトで手が痛くなり ウェイトトレーニング用手袋を買ってみた

週3日ウェイトトレーニングをやっています。

デッドリフトの重量が55kgになり、いよいよ手のひらが痛みが我慢の限界を超えそうになってきました。

通っているルネサンスのトレーナーからは、最初は試着して選んだ方がいいと言われたので、店舗を探し、フィットネスショップ水道橋本店にて購入しました。

店舗外観

▲水道橋駅西口すぐです。

店内

▲店に入るとすぐ、ウェイトトレーニング器具が所狭しと展示されています。

▲かなりの商品陳列数です。

▲プロテインやサプリメントの種類がすごいです。

見たことがないような銘柄がたくさん並んでいます。

フロアには店員さんが2名いて、細かい質問に答えてくれます。

トレーニング用手袋

▲各種トレーニング用手袋が売っています。

最初の購入なので、一番安いものにしました。

サイズは試着をして、ゆるくもなく、きつくもない、ちょうどいいMサイズを選びました。

開封の儀

▲購入した商品は「ピーアールインターナショナル ハービンジャー パワーグローブ#155 」です。

価格は2,300円プラス税です。

▲裏面には日本語での説明があります。

使用してみて

▲デッドリフトでバーに当たる部分が分厚くなっていて、痛みがかなりやわらぐと同時に、滑りも抑えられて、しっかりと負荷がかけられるようになりました。

ベンチプレスのときも、安定して挙げられるようになりました。

まとめ

デッドリフトで手の痛みが限界に近づいてきたので、トレーニング用の手袋を購入しました。

手の痛みがなくなると同時に、滑りが抑えられて、しっかりと負荷がかかるようになりました。