赤坂 鳥通でスケーティングシャーベットホッピーと焼き鳥を味わってきた

2018年9月6日、赤坂の鳥通に行ってきました。

JAGZYというメディアの『愛を求めて やきとり漂流』という連載があります。

その連載で、執筆者の森川滋之さんは、鳥通を「赤坂で一番古い焼き鳥屋」と称しています。

フローズンホッピーと、焼き鳥、各種おつまみを堪能しました。

外観

▲焼き鳥屋とは思えない、高級感ただよう店構えです。

▲周囲はビジネス街です。

店内

▲カウンターの中の壁にはぎっしりとおつまみメニューが書かれています。

焼き鳥屋とは思えないメニューの豊富さです。

店内は広々とした座敷とかなり長いカウンターという造りです。

メニュー

▲座敷の壁に貼られている【おすすめ】メニューです。

▲おなじく壁に貼られている、「スケーティングシャーベットホッピー」のポスターです。

「スケーティング」の意味を、森川氏は前述の連載でこのように解説しています。

ホッピービバレッジの本社が同じ赤坂2丁目にあり、それで鳥通にも来る石渡美奈社長が、この氷をこぼして足を滑らせてしまった。そのときに名付けたのだそうだ。

なんと、都市伝説のような話です。

別の記事では、「看板娘ホッピー・ミーナのHOPPY HAPPY BAR」というラジオ放送のサイトでは、以下のように説明しています。

テーブルの上でジョッキがアイススケートの選手が滑るように動くから

どちらの説も正しそうですが、ホッピーを飲むときの話のネタとして使えますね。

ステーティングシャーベットホッピー(以下 SSH)の上には「2凍1冷」という、意味不明の言葉が書かれています。

これは、ホッピーのおいしい飲み方である「3冷」から派生した用語になります。

「3冷」とは、ホッピービバレッジのホームページで紹介されている、ホッピーをおいしく飲むための方法です。

ジョッキ、焼酎、ホッピーの3つを冷やすので「3冷」です。

そうすれば、氷をいれずにすみ、ホッピーと炭酸を薄めずに飲むことができるのです。

「3冷」を更に進化させ、ジョッキを凍らせたら「1凍2冷」で、ジョッキと焼酎を凍らせたSSHは「2凍1冷」になります。

食べたもの

▲焼き鳥5種セットの最初に出てくる3本です。

▲ 焼き鳥5種セットの残り2本です。

▲ポテトサラダ 500円。

▲ まぐろのほほ肉 700円

▲きのこのホイル焼き 600円。

▲焼き鳥5種についてくる鳥スープ。

▲イカゲソわた焼き 500円。

その他、

▲エイヒレ。

飲んだもの

▲SSHです。

▲底にはシャーベット状に凍った焼酎が見えます。

ホッピーと焼酎の理想の比率は5:1とのことで、この上にホッピー1本をすべて注ぎます。

▲ トマトホッピーのSSH。トマト焼酎が凍っています。

会計

4人でさんざん飲み食いして25,000円でした。

まとめ

赤坂の鳥通は、焼き鳥以外にも、豊富なおつまみメニューが特徴的な焼き鳥屋です。

店内は広くてゆったりとしていて、落ち着く雰囲気です。

SSHという新しいホッピーの飲み方を知りました。

お店情報

関連ランキング:焼き鳥 | 溜池山王駅赤坂駅国会議事堂前駅