ばんだ食堂のじゃじゃ麺を食べた 盛岡のソールフード

2018年8月3日、盛岡市本宮のぱんだ食堂に行ってきました。

やはり、盛岡に来たら、盛岡でしか食べられない「じゃじゃ麺」を食べなきゃ気がすみません!

外観

▲本宮店です。

四角い形をした一軒家です。

▲店先にはにんにくがたくさん積まれています。

店内

カウンターとテーブル席があります。

▲壁にはじゃじゃ麺の食べ方のポスターが掛けられています。

▲味噌、酢、ラー油、にんにく、しょうがなどの薬味がテーブルに置かれています。

メニュー

▲通常のじゃじゃ麺以外に「じゃじゃつけ麺」もあります。

▲具の豊富な「まぜじゃじゃ」。

▲盛岡駅のフェザンでお土産も売っています。

食べたもの

▲ オーソドックスなじゃじゃ麺(大盛り) 700円を頼みました。

ここに、酢、ラー油、にんにく、しょうが、そしてぱんだならではの「粉のり」を振ってかき混ぜます。

麺はやわらかくてのどごしがよく、味噌をからめるとどんどん食べられます。

▲ 麺の残りが少なくなると、生卵を割り入れてスープを入れてもらいます。

これが「ちーたん」です。

夏なので、汗だくになりながら食べました。

まとめ

盛岡本宮の「ぱんだ食堂」のじゃじゃ麺は、やわらかくのどごしのよい麺と、独特の味噌との相性が最高です。

暑いなつでもさっぱりと食べられます。

盛岡に来たら、ぜひ食べるべきソールフードです。

お店情報

関連ランキング:そば・うどん・麺類(その他) | 盛岡駅仙北町駅