珈琲館でカフェインレスコーヒーを初めて飲んでみた

最近睡眠が足りない感がとても強いです。

そのため、睡眠に影響があるものはできるだけやめようと、コーヒーをやめていました。

代わりに飲んでいたのは紅茶です。

しかし、紅茶も1杯あたり、コーヒーと比べて半分くらいですがカフェインが入っています。(食品安全委員会データ 100mlあたり含有量 コーヒー60mg、紅茶30mg)

結局午後2時以降に飲めば、カフェイン量は少なくても、同じことだと気づきました。

そんな中、2018年8月22日、南行徳駅前を歩いていて、珈琲館南行徳店の看板のカフェインレスコーヒーのメニューが目に止まりました。

早速入店して飲んでみると、まったく普通のコーヒーと変わらない風味と味でした。

珈琲館 南行徳店

▲メトロ東西線南行徳駅メトロセンターにあります。

▲この看板にカフェインレスというメニューを見つけました。

▲店内はACアダプターも使えてカフェ仕事に便利です。

カフェインレスコーヒー

▲カフェインレスコーヒー 510円。

カフェインは97%カットしているとホームページには書かれています。

飲んでみて、通常のコーヒーと味、香りともにまったく違いを感じませんでした。

味、香りでコーヒーを飲んでいる気分になるので、カフェインがなくても集中力がアップする気になりました。

まとめ

珈琲館南行徳店で、カフェインレスコーヒーを飲みました。

味、香りともに、通常のコーヒーと違いがわかりませんでした。

カフェインの半減期は5時間から7時間です。

カフェインは、僕らが体感している以上に体内にかなり長い間残っています。

しばらくカフェではカフェインレスコーヒーを飲むようにして、カフェイン断ちをして睡眠が深くなるかどうか様子を見ていこうと思います。

関連ランキング:カフェ | 南行徳駅

参考にした本