Tagged
99%の会社はいらない 堀江貴文著
208

99%の会社はいらない 堀江貴文著

『99%の会社はいらない』堀江貴文著 を読んだ。 堀江氏の最新の仕事論が凝縮された新書版書籍だ。 堀江氏は冒頭で、会社に頼らず自分の時間を生きよう、それは楽しい、と語りかけている。 まさに今僕は脱サラして、自分の時間を得ている。それはストレスがなく、楽しい時間の連続だ。 この本を読んで自分なりに大事と思った部分をまとめ...
食べない人たち「不食」が人を健康にする 3名の不食実践者が語る不食のテクニック
256

食べない人たち「不食」が人を健康にする 3名の不食実践者が語る不食のテクニック

『食べない人たち』を読んだ。 この本は3名の不食実践者が不食のテクニックについて書いた本だ。 山田鷹夫氏の『不食 人は食べなくても生きられる』という本が出たとき(2004年)にはとても驚いた記憶がある。一定期間食を絶つ断食や、食を少なくする少食とは違って、食べなくていい不食という概念を新たに提唱したのだ。本を読んで自分...
ウシジマくん vs. ホリエモン
513

ウシジマくん vs. ホリエモン 堀江貴文著 人生はカネじゃない!

2016年9月発売の堀江貴文氏の著書『ウシジマくん vs. ホリエモン 人生はカネじゃない!』を読んだ。 堀江氏が読んでおくべきマンガの第1位に推すのが『闇金ウシジマくん』。 このマンガの主人公であるウシジマくんは、裏社会の経営者だ。彼は世の中は奪い合いと見て、奪る(とる)方を選ぶことを自分に言い聞かせている。 この作...
仮想通貨革命
283

仮想通貨革命 野口悠紀雄著 ービットコインは始まりにすぎないー

本書は今騒がれている仮想通貨について、以下の2点を広範な切り口から解説した本となっている。 仮想通貨(ビットコイン)とはどのようなものか 仮想通貨(ビットコイン)はこれから世の中にどんなインパクトを与えるのか この本を仮想通貨の対する知識が全くないまま読むと、ビットコインの仕組みの箇所でつまづいてしまう。 ビットコイン...
相手に9割しゃべらせる質問術 おちまさと氏
280

相手に9割しゃべらせる質問術 おちまさと氏

著者のおちまさと氏は相手に9割もしゃべらせておきながら、相手にあなたの話はとてもおもしろかったと言わせる人である。 この本を読んで、数々の著名人とのインタビューを実現してきたおちまさと氏の質問術の極意を学んだ。 あなたがおもしろい話をする必要はない 僕らは2人きりの会話のときに、何か面白い話題を提供しなきゃとついつい力...
話すだけで書ける 究極の文章法 人工知能が助けてくれる! 野口悠紀雄著
298

話すだけで書ける 究極の文章法 人工知能が助けてくれる! 野口悠紀雄著

野口悠紀雄氏の著書は超整理手帳に惚れ込んでからずっと好んで読んでいる。 超整理手帳はスマホを持つまではずっと愛用してきたし初代の超整理手帳アプリも使用してきた。 その野口悠紀雄氏が音声認識に関する本を出したので迷わず購入した。 スマホの音声認識の能力がかなり向上していることは自分なりに試していて分かっていたがこの本を読...
君はどこにでも行ける  堀江貴文 著
577

君はどこにでも行ける  堀江貴文 著

堀江貴文さんの新刊「君はどこにでも行ける」を読んだ。 堀江さんが2年半、世界28カ国58都市を訪れて感じ考えたことがぎっしりと書かれている。 また5章には、いやおうなしに訪れるグローバリズムへどう対応していったらいいか、いま、そして未来をどう生きていけばいいか、人生論まで踏み込んだ内容となっていて引き込まれて読んだ。 ...
稼ぐ言葉の法則――「新・PASONAの法則」と売れる公式41 神田昌典著
350

稼ぐ言葉の法則――「新・PASONAの法則」と売れる公式41 神田昌典著

日本一のマーケッターとして有名な神田昌典氏の新著「稼ぐ言葉の法則――「新・PASONAの法則」と売れる公式41」を読んでみた。 この本はどういう本かであるかという説明として、あなたに備わった売る力を体験して頂くための「言葉の使い方マニュアル」だ、とあった。 そして、何を(What)、どの順番(When)で使うかが大事な...
Return Top