【ミニマリストへの道】 第2日目

ミニマリストへの第2日目です。

今日はアッテの威力に驚きました。

部屋の外見はほとんど変わっていませんので、写真はアップしません。

今週は捨てる量よりは、捨てることの習慣化にこだわっていきたいと考えています。

今日捨てたモノ

  1. Amazon出品 本1冊(当日にすぐ売れた)、テーブルクロス
  2. メルカリ出品 猫の爪研ぎ
  3. ヤフオク出品 ゴルフボール2ダース、テーブルクロス
  4. アッテ出品 中国輸入商材(リュック9個)
  5. 衣類  パンツ9枚、靴下3足、ハンカチ10枚、ワイシャツ1枚を廃棄
  6. 文房具、小物 クリップ1箱、マイクロSDカード、マイク変換アダプタを廃棄

今日感じたこと

メルカリの姉妹アプリでアッテがあります。

大きさがかさばって送料がかかるため、メルカリでは安く販売できず売れないモノでも、アッテで無料で出すとすぐに自宅に取りに来てる人が現れます。

今回は、以前Amazonで販売していた中国輸入商材のリュックの売れ残り9個をアッテに出したところものの数分で引き取り手が現れました。

ヤフオクでは1円出品でも売れなかったので、捨てるしかないかと思っていました。

捨てるよりは、無料でも誰かがもらってくれた方が気分的にはよいです。

アッテのように個人と個人の間でモノをシェアするサービスはどんどん発達しています。

需要と供給のギャップを利用した転売のビジネスモデルは、これからはなかなか厳しくなっていくのだろうなぁとつくづく感じました。

この記事を書いた人

むくどり

むくどり

ブログの著者:椋 寛之 (むく ひろゆき)

サラリーマンとしてではなく、個人で独立して生活をしていきたいと思い、2016年1月末で25年間勤めた会社を辞め、現在さまざまな取り組みを模索中です。

好きなもの
卓球、ゴルフ、赤ちょうちん、登山、レトロな町並みや商店街、銭湯

影響を受けている人
勝間和代さん、立花岳志さん、堀江貴文さん、森田健さん

1968年生まれ 兵庫県西宮市出身 千葉県浦安市在住

詳しいブロフィールはこちら

広告