熱海湯 飯田橋 神楽坂 新宿区 レトロな造りの昭和銭湯

2016年12月6日、飯田橋駅の熱海湯に行ってきた。

熱海湯 : 新宿区 東京銭湯マップ

神楽坂の街並みに合った古い伝統的造りの銭湯で、歴史を感じる銭湯だ。

img_7239

▲飯田橋駅の神楽坂下口から、神楽坂を少し上がり、松屋の角を左に曲がる。

img_7240

▲神楽坂っぽい、小料理屋が軒を連ねる小路に入る。

img_7242

▲瓦屋根の伝統的建物が現れる。

img_7241

▲男湯、女湯別々の入り口で番台形式の受付だ。

img_7243

▲木札式の下駄箱。

img_7244

▲入口を入るとすぐ脱衣所となっている。

浴室

洗い場は両壁際に6箇所ずつ、中央についたてがあり、向かい合わせで6箇所ずつで、計24箇所ある。壁際の洗い場には固定式のシャワーが付いている。

浴槽は奥に1槽あり、二つに仕切られている。左側は熱めと書かれていたので右側に入ったが、それでもかなり熱い。

備長炭湯と書かれていて、備長炭が浴槽の脇に敷きつめられている。

壁画はオーソドックスな富士山で、洗い場側の壁にはアルプスの山々のような絵だ。

まとめ

神楽坂の熱海湯は、神楽坂の古くて趣のある街並みの中にあり、歴史を感じる銭湯だ。

タオルが無料貸し出しなので、神楽坂で飲む前に一風呂浴びるのに便利でおすすめだ。

この記事を書いた人

むくどり

むくどり

ブログの著者:椋 寛之 (むく ひろゆき)

サラリーマンとしてではなく、個人で独立して生活をしていきたいと思い、2016年1月末で25年間勤めた会社を辞め、現在さまざまな取り組みを模索中です。

好きなもの
卓球、ゴルフ、赤ちょうちん、登山、レトロな町並みや商店街、銭湯

影響を受けている人
勝間和代さん、立花岳志さん、堀江貴文さん、森田健さん

1968年生まれ 兵庫県西宮市出身 千葉県浦安市在住

詳しいブロフィールはこちら

広告