Hinataリーグ 第5回 卓球大会 YOYO TAKKYU主催 に参加してきた

2016年11月7日、YOYO TAKKYU主催の第5回 HInataリーグに参加してきた。

ひなたリーグ・Hinataリーグ – 東京東中野駅前の卓球場・卓球教室

試合はペアマッチ方式で、2人1組でチームを組む。ダブルス、シングル2試合を行い、2勝した方が勝ちというルールだ。

1リーグ 5チームで、4チームと対戦する。ダブルスも含めて8試合をするので、たくさんの試合ができる。

東京体育館のサブアリーナで開催され、きれいで照明の明るい体育館なので快適だ。

同じようなレベルでの組み合わせが組まれていて、試合を楽しむことができた。

試合進行はスムーズで15時過ぎには終了と、時間を有効活用できるのがうれしい。

img_6740▲試合要項。試合前の練習なし、ジュースでは13ポイントで決着、など試合進行を考えた内容となっている。

img_6749▲各コートにこのような記録用の封筒が配られる。

img_6747▲東京体育館サブアリーナを全面使って行うのでスペースも台の数も充分だ。

参加者は150名となかなかの規模数だ。女子チームが60チーム、混合チームが15チームという内訳だ。

img_6748▲進行係の様子。川口夫妻コーチらがてきばきと運営している。

img_6743

▲すでに次回、次々回の日程も決まっている。

平日開催だが、仕事を休んで出場してみる価値のある大会だ。

img_6752▲結果は4チーム中、3位だったが、ブービー賞となり、YOYO TAKKYUの教室チケットがもらえた!

これは参加費(3000円/チーム)の元を充分すぎるほど取っている。img_6745▲YOYO TAKKYUのコーチ陣。すごい顔ぶれだ。

まとめ

YOYO TAKKYU主催 Hinataリーグは、同等のレベルの人たちと数多くの試合を楽しむことができる。

雰囲気もアットホームな感じで、対戦相手とも仲良くなれる。

試合進行はスムーズで16時までには終わることができておすすめの卓球大会だ。

この記事を書いた人

むくどり

むくどり

ブログの著者:椋 寛之 (むく ひろゆき)

サラリーマンとしてではなく、個人で独立して生活をしていきたいと思い、2016年1月末で25年間勤めた会社を辞め、現在さまざまな取り組みを模索中です。

好きなもの
卓球、ゴルフ、赤ちょうちん、登山、レトロな町並みや商店街、銭湯

影響を受けている人
勝間和代さん、立花岳志さん、堀江貴文さん、森田健さん、樺沢紫苑さん

1968年生まれ 兵庫県西宮市出身 千葉県浦安市在住

詳しいブロフィールはこちら

広告