AssistiveTouchのアイコンを消す方法 トリプルクリックによるショートカット登録

AssistiveTouchのアイコンを消す方法 トリプルクリックによるショートカット登録

前回iOS10でシャッター音を消す方法について書いた。

それはAssistiveTouchというメニューを表示させて行う方法だ。

AssistiveTouchとは、ホームボタンや音量などのボタン操作や複雑なタッチ操作などを、画面上に丸いメニューを表示させてかんたんに行えるようサポートする機能だ。

このアイコンは,画面上に薄い白色で表示されていて、ドラッグてれば好きな場所に動かすことができる。

しかしAssistiveTouchをONにしてたかだか10日くらいしか経っていないが、AssistiveTouchのアイコンが結構じゃまに感じていた。

LINEなどの送信ボタンにこの白いアイコンが重なって動かさなければいけなかったり、Kindleアプリで本を読むときにアイコンのせいで読みにくかったり、と邪魔に感じることが多かった。

また画面上にあるせいで、何かの拍子に触ってしまっていて、シャッター音が無音化になっていると思っていのにそうじゃなかったりして、最近ではわざわざAssistiveTouchのアイコンをタップして確認をしてからシャッターを押すようにしていた。

そんなとき、ネット上でAssistiveTouchのオン、オフを「ショートカット」に設定する機能があることを発見した。

AssistiveTouchのアイコンを消す方法 トリプルクリックによるショートカット登録

「ショートカット」はホームボタンを3連打する「トリプルクリック」の操作となる。

ショートカットの設定は「設定」を開き「一般」に入り「アクセシビリティ」から「ショートカット」で設定できる。

%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%88

この設定のあと、ホームボタンをトリプルクリックすることで、AssistiveTouchのアイコンが付いたり、消えたりするようになった。

これで、無音化を一度設定したあとはオフにしておけば、AssistiveTouchアイコンが邪魔にならないし、間違って触って有音化になってしまうことがなくなった。

このシャッター無音化はiPhoneの音量スイッチをオンにしたら解除されるので、そのときはトリプルクリックでまたAssistiveTouchを出して消音化すればよい。

まとめ

ホームボタンのトリプルクリックでAssistiveTouchのオン、オフができることがわかった。

これによってiPhoneのシャッター音の無音化の切り替えが使いやすくなった。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top