霊巌洞(れいがんどう)熊本 宮本武蔵ゆかりの洞窟に圧倒された

2016年7月29日、熊本市の霊巌洞へ行った。

霊巌洞 – 【満遊!くまもと】

ここは宮本武蔵が籠もって『五輪の書』を書いた地である。

一緒に旅をしていた人が宮本武蔵の熱狂的ファンでぜひ行きたいということで行った。

熊本市の観光スポットとして上位に出てくる場所ではないが、歴史を感じられるすばらしい空間だった。

霊巌洞(れいがんどう)熊本 宮本武蔵ゆかりの洞窟に圧倒された

▲宮本武蔵の熱狂的ファンの方と武蔵像。

武蔵はこの地で62歳の生涯を閉じたと書いてあり、ファンの方もちょうど現在同じ年で運命を感じる!と興奮していた。

▲駐車場から5分ほど下へ下っていくと、約700年前のお寺・霊巌禅寺の入り口。

霊巌洞はその奥ノ院にある。

▲奥ノ院は拝観料を払って入る。

▲霊巌洞へ向かう途中に五百羅漢がある。

武蔵の時代から150年後に商人・淵田屋儀平が奉納したもの。(1779年から24年かけて)

▲二天一流の由来が書かれている。

▲霊巌洞の目の前にやってきた。

▲中に入ってみると結構広い洞窟だ。

▲大きな岩がある。

IMG_4794

▲天井には霊巌洞と文字が掘られている。

写真ではよく読み取れないが実際ははっきり読み取れた。

まとめ

熊本市の霊巌洞は宮本武蔵が籠もって『五輪の書』を書いた洞窟だ。

また武蔵が62歳の生涯を閉じた終の棲家である。

熊本市内から車で約30分の場所にあり隠れたスポットだ。

この記事を書いた人

むくどり

むくどり

ブログの著者:椋 寛之 (むく ひろゆき)

サラリーマンとしてではなく、個人で独立して生活をしていきたいと思い、2016年1月末で25年間勤めた会社を辞め、現在さまざまな取り組みを模索中です。

好きなもの
卓球、ゴルフ、赤ちょうちん、登山、レトロな町並みや商店街、銭湯

影響を受けている人
勝間和代さん、立花岳志さん、堀江貴文さん、森田健さん

1968年生まれ 兵庫県西宮市出身 千葉県浦安市在住

詳しいブロフィールはこちら

広告