PAUL (ポール) 六本木一丁目店 泉ガーデン ちょい飲みもできる便利なカフェ【東京グルメ】

2016年5月12日にブログ・ブランディング塾の帰りに参加者仲間3人で雑談のために東京メトロ南北線六本木一丁目駅前のPAUL(ポール)を訪れた。
PAUL Japan

パンを主体にしたカフェと思って入ってみたらハッピーアワーがあってお酒も飲めた。

PAUL (ポール) 六本木一丁目店 泉ガーデン ちょい飲みもできる便利なカフェ

▲南北線六本木一丁目駅前のガラスの向こう側に進む。

▲すぐにお店が現れる。というか駅からガラス越しに見えている。

▲中に入るといかにもパン屋さんだ。パンのいい香りが漂っている。

▲欧風のテーブルと椅子。テーブルの間は広くゆったりとしている。

slproImg_201605131631354.jpg

▲メニューを拝見すると、なんとカフェなのに16時からハッピーアワーと書いてある。

▲迷わず「焼きたて ピッツァ・ジャンボンとハイネケンのセット」(972円) を注文。

ピッツァが焼きたてでビールに合っておいしかった。結構なボリュームなので2人でシェアするのもいいと思う。

まとめ

メトロ南北線駅前の「PAUL (ポール) 六本木一丁目店 」は駅前で便利で、広くゆったりとしていてオープンテラスもあり、少人数から大人数での打ち合わせやミーティングに重宝するカフェだ。

また16時からはハッピーアワーのメニューがあり、ちょい飲みスポットとしてもすぐれているお店だ。

関連ランキング:パン | 六本木一丁目駅神谷町駅六本木駅

この記事を書いた人

むくどり

むくどり

ブログの著者:椋 寛之 (むく ひろゆき)

サラリーマンとしてではなく、個人で独立して生活をしていきたいと思い、2016年1月末で25年間勤めた会社を辞め、現在さまざまな取り組みを模索中です。

好きなもの
卓球、ゴルフ、赤ちょうちん、登山、レトロな町並みや商店街、銭湯

影響を受けている人
勝間和代さん、立花岳志さん、堀江貴文さん、森田健さん

1968年生まれ 兵庫県西宮市出身 千葉県浦安市在住

詳しいブロフィールはこちら

広告