「越後屋」浦安 焼き蛤店 焼はまぐりと焼あさりは酒のつまみに最高だ【浦安グルメ】

浦安市郷土博物館で浦安は海苔と貝の生産が盛んであったことを学んだ。実際浦安には海苔屋がいたるところにある。

貝のお店については焼き蛤の老舗が「越後屋」「さつまや」と二つある。

2016年4月3日夜に知人宅にて花見をすることになっていて、「越後屋」の焼きはまぐりと、焼きあさりをを食べたので紹介する。

「越後屋」 浦安 焼き蛤店 焼はまぐりと焼あさりは酒のつまみに最高だ【浦安グルメ】

▲お店は「越後屋」。メトロ東西線浦安駅のすぐ近くにある。

焼きはまぐり・焼きあさり専門店 千葉県 【越後屋焼蛤店】

▲お店の中ではまぐりとあさりの串付け作業を実演でやっている。

はまぐりを、創業時より変わらぬ手作業で一粒ずつ手刺しして、伝統のタレにつけて炭火でじっくり焼き上げている。

浦安商工会議所がやっている「浦安の絆」ブランドの一店逸品に選定されている。

▲焼はまぐり(一串 130円)と焼あさり(一串 40円)を10本ずつ買った。

賞味期限は10℃以下で保存して4日間。

▲お土産用の折詰も販売されている。クール便で発送も地方発送できる。

知人宅で早速賞味した。

タレの味がよく浸みており、貝の歯ごたえは硬すぎず柔らかすぎず、お酒のつまみとして、お花見の共として最高だった。

IMG_2940

▲知人宅からの花見。

まとめ

浦安の老舗焼き蛤店の「越後屋」は伝統のタレに付けた焼蛤、焼あさりを、創業時から変わらぬ手作業で、職人の技で炭火でじっくり焼き上げた品だ。

独特のタレの味と歯ごたえが酒のつまみに最高だ。おみやげにも喜んでもらえる一品だ。

 

お店の情報

関連ランキング:その他 | 浦安駅

浦安グルメ情報はこちら

この記事を書いた人

むくどり

むくどり

ブログの著者:椋 寛之 (むく ひろゆき)

サラリーマンとしてではなく、個人で独立して生活をしていきたいと思い、2016年1月末で25年間勤めた会社を辞め、現在さまざまな取り組みを模索中です。

好きなもの
卓球、ゴルフ、赤ちょうちん、登山、レトロな町並みや商店街、銭湯

影響を受けている人
勝間和代さん、立花岳志さん、堀江貴文さん、森田健さん

1968年生まれ 兵庫県西宮市出身 千葉県浦安市在住

詳しいブロフィールはこちら

広告