猫が生後7ヶ月になり 去勢手術に連れていきました

2017年11月5日のCatシェルター行徳で開かれた里親会でもらった子猫が7ヶ月になりました。


先代の猫達がお世話になった、さくら動物病院で2018年4月22日、去勢手術をお願いしました。

説明がとても丁寧で信頼できる動物病院です。

▲手術料金です。

手術当日は病院で預かってもらい、翌日受取に行きました。

▲家に戻ってきたものの、かなりおとなしいです。

いつもはドアを開けると駆け寄ってくるですが、それもなく元気がありません。

やはり、カラーがついているのが不自由なのでしょうか。

かわいそうですが仕方ありません。

餌が食べにくそうなので、餌皿を高さのあるお椀に変えました。

▲常にざぶとんの上で寝ています。

舌で体を舐める動作を繰り返しますが、カラ”の裏を舐めているだけです。

猫にはカラーは見えていないのでしょうか。

獣医師さんからは、1週間はつけておいてくださいと言われました。

2、3日後にはカラーを自分ではずすようになってしまい、すぐに患部を舐めまくって出血してしまいました。

その後、はずれないようにクリップで止めました。

▲6日後に動物病院に連れて行って、傷は無事に閉じていることが確認できました。

カラーがはずれた途端に、舐めまくっています。

▲いつもの寝床で寝られるようになりました。

まとめ

里親会でもらった子猫が生後7ヶ月になり、去勢手術をしました。

カラーをつけたままの6日間”、動きが不自由でおとなしかったですが、カラーがはずれてからはすぐに元気になり、順調に育っています。