PowerPoint for MacでYouTube動画を埋め込む Live Slides 簡単操作で埋め込み可能

パワーポイントで講演を行う機会があり、YouTube動画を埋め込もうとしましが、Macのパワーポイント(PowerPoint for Mac)では、その機能がないことがわかりました。

しかし、Live Slidesを使用することで可能になりました。

Microsoftのサポートページにもしっかりと記載されていました。


方法について紹介します。

Live Slidesのダウンロード

▲ダウンロードしたら、アプリケーションフォルダにドラッグします。

Youtubeの埋め込み

まずパワーポイントの動画を埋め込みたいページを開いておきます。

▲Live Slidesを立ち上げると上記の画面になります。

空欄のところに埋め込みたいYouTubeのURLを貼り付けて

Insertを押します。

▲するとパワーポイントに埋め込まれたページ

が作成されます。

スライドショーを実行すると自動的に動画が降る画面で再生されます。

注意点

この埋め込みは再生するMacごとにやっておく必要があります。

例えば、自宅のMac miniで埋め込んだパワーポイントのファイルをMacBookで実行しても動画は再生されません。

プレゼンを再生するMac全てにLive Slidesをインストールして、埋め込み作業も実施しておく必要があります。

まとめ

PowerPoint for MacでYouTube動画を埋め込むには、Live Slides を使用すれば可能です。

とても簡単な操作で動画を埋め込むことができます。

複数のMacでプレゼンを再生するためには、Macごとに、Live Slidesをインストールして、埋め込み作業も実施しておく必要があります。