かえうち iPhoneでも親指シフト入力が可能になって 外出先の執筆に選択肢が増えた

キーボードとスマホの間に接続して、親指シフト入力ができるデバイス「かえうち 」を2018年3月15日に購入しました。
iPhone7Plusで親指シフト入力ができるようになりました。
かえうち

僕は自宅と外出先でMacを使用しているので、かえうち用でもキー間隔を揃えるため、アップル純正のものを購入することにしました。

かえうちはUSBケーブルに接続するデバイスなので、現在発売されているAppleのBluetoothキーボードには接続できません。

AppleではすでにUSB有線キーボードの発売は終了しています。

しかし、ヤフオクならまだまだたくさん出品されています。

▲Apple 純正 USBキーボード A1242 を購入しました。

ヤフオクで5300円(送料込み)で落札しました。

かえうち の設定

かえうち のホームページから「かえうち カスタマイズ」というアプリをダウンロードします。

そしてキーボードとかえうち とPCを接続します。

設定はスマホからは行えないので、PC接続が必要になります。

▲僕が使っているorzレイアウトはすでに設定が用意されているので、読み込んで、変換キーの設定だけで設定が完了しました。

iPhone7plusと接続


▲iPhoneとの接続用のアダプタです。
こちらを購入しました。

▲メモ帳で入力テストをやってみましたが、親指シフト入力ができました。

▲iPhoneはバッテリーにつないでいなくても、エラーが出ることなく使えました。

まとめ

かえうち を使用して、iPhone7plusで親指シフト(orzレイアウト)入力ができるようになりました。

これでキーボードを持ち歩くことで、 出先でMacBookが使えなくなったときにも、通常通り執筆ができる環境が整いました。

参考にしたサイト