神社ルーチン開始しました

立花岳志さんの新刊を読んで、「神社ミッション」を決行しました。

「神社ミッション」とは、神社に行って1万円札のお賽銭を出すことです。

それをやって特に感慨はありませんでしたが、神社って、いるだけで気持ちいいと思いました。

気持ちのいい場所にいることは何かいいことがあるだろうと思って、2018年4月3日から、勝手に自分で名付けた「神社ルーティン」を開始することにしました。

毎朝のジョギングの途中に、神社に行く、ただそれだけのことです。

不思議研究所の森田健さんの特別手記「マイナスをプラスにする法」に書いてあった、家の近所のよい方向にある神社を選びました。


森田健さんは、特別手記で、神社では、神頼みではなく、「お礼」をするべきだと述べています。

テイクではなく、ギブで、神社との関係性が強くなるのです。

例えば、よかったことを報告するなどです。

1万円のお賽銭を支払うもギブに当たります。

ジョギングはiPhone以外は手ぶらなので、「神社ルーティン」ではお賽銭は払えませんが、前日のよかったことを報告するようにしています。

これによって運が上がることを期待する自分がいますが、期待せず続けてみようと思います。