Macのユーザー辞書が消えてしまった! 簡単に復活できる方法

2018年4月3日、前日にmacOS High Sierraの10.13.4のアップデートをしたら、Mac miniのユーザー辞書が消えてしまいました。

最初はicloudのサインアウトを行いましたが改善せず、MacBookの辞書をコピーすることで難なく復活できました。

まずはicloudのサインアウトをやってみたが復旧せず、他のicludアプリにも影響が

▲macOSのアップデートをしたら、辞書が全部消えるのではなく、かなり前に登録していた1個だけが残っていました。

まず、Appleサポートのコミュニティに出ていた対処方法である、icloudのサインアウトをやってみました。

▲すると一旦辞書が全部消えました。

icloudで同期させているアプリのUlyssesの文書も同様に全部消えてしまいました。

▲15分経ってもダウンロード中です。

もう1台のMacがあるからいいものの、安易にicloudのサインアウトはやるべきではないとわかりました。

Ulysseseは結局かなりの時間がたってから、元の状態に同期されました。

他のMacのユーザー辞書をコピーする

あまりにも簡単で確実な方法でした。

最初から行っておくべきでした。

▲ユーザー辞書は、システム環境設定→キーボードの中にあります。

ユーザー辞書の登録をcommand+Aで全選択します。

これをデスクトップにドラッグします。

▲するとユーザー辞書ファイルがデスクトップに作成されます。

▲このファイルを、辞書を移したい Macのユーザー辞書にドラッグドロップすると、辞書がコピーされます。

まとめ

Mac miniでmacOS High Sierraの10.13.4のアップデートをしたら、なぜかユーザー辞書が消えてしまいました。

他の Macのユーザー辞書をコピーすることで簡単に復旧できました。

Icloudのサインアウトでは復旧しないどころか、他のicloudを利用しているアプリ(Ulysses)の同期に時間がかかってしまいました。